円環少女3 煉獄の虚神 下

浪花節の東郷永光かっこよすぎ。人形師との禁断のカンケイである愛と仁義がとても美しかった。人形師の落とし前をつけると言って本当につけてしまって今後がちょっと心配になるが、これからも己が信じる正義と仁義を貫いて欲しい。

ところで専任係官と刻印魔導師って基本的に共闘は無理だよね。魔法消去が使えない神和瑞希と仁は例外として、他の専任係官はどうやって運用しているんだろうか。ターゲットを倒してこいで済ませるのかねぇ。

グレンの敵が協会から地球人60億人に変更になったのはスケールがデカイね。もし各国がこの機に乗じて日本を潰すために暗躍したらもっと楽しくなりそうだった。せめて津波阻止の日本部隊を挟撃して欲しかった。んでグレンの津波作戦だけど、これは少し規模をセーブしすぎではないかな。どうせなら月を地球に落とすとかそれくらいはすべきだった。大きな目標に対して、手段も大きくあるべきだった。

仁が関わる戦闘はいつも面白くないのでどうでもいいが、報奨の無罪放免の権利がケイツにしか適用されなかったのは酷い話だな。最後はこのままいくとマジでメイゼルが無罪になるのかとドキドキと期待していたのに裏切られた。可哀想になぁ。まぁメイゼルはきっと政治的な超法規的措置で投獄させられたんだろうし、どうあっても無罪にさせるわけは無いだろう。

さて敵の格付け的にグレンは神レベルの強さだったわけだが、今後の敵はとりあえず戦闘力的にはグレンより数段劣るのは間違いない。そんな弱い敵にこれからヒーコラと苦戦する様を見ることになりそうなのが心配だ。
円環少女3 煉獄の虚神 下
rating


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。