まおゆう魔王勇者5 あの丘の向こうに

停戦交渉は実質メイド姉。言葉を尽くしても引くに引けぬ遠征隊に世界の至宝を贈ることで落とし所を提供するとは、まさに実質メイド姉。その後の話でメイド姉のスィートシンデレラストーリーを期待してたけど、学士としての道がハマりすぎてそれどころじゃなさそうだな。

女魔法使いは悲願を達成したんだろうけど損な役回りだった。歴代魔王を自身に封印してしまったようだが、女騎士が救済されたんだったら女魔法使いもどうにかして欲しかった。すべてを見ていたメイド長もこれからは本当の笑顔は二度と見られないかもね。

最後の関門光の精霊との対峙はどうなることかと思いきや、苛烈な問答もなく、今までありがとうって感じで暖かくまとまった。ここまで多くの犠牲があったけど、この犠牲なくして平和は成らなかっただろうし、いつまでも忘れることなく語り継いでほしい。爺さんよ永遠なれ。
まおゆう魔王勇者5 あの丘の向こうに
rating


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。