傾物語

まさかタイムトラベル物になるとは予想だにしなかった。十一年前の八九寺真宵の助け方が、命よりも怪異にさせない事に重きを置いていたけど、真宵に会わないことで暦の人格形成に影響が出そうで心配だった。まぁ案の定だったわけだが、怪異としての真宵が居ないだけで人類が滅亡するとはパナイの。忍野メメはそんなことは遠因に過ぎないとは言ってたけど、暦の心はズタズタになっていそうだ。ルートX自体は消えないのだから。

前巻の終わりで虎に襲われる羽川翼を暦が助けに入ったが、そのギリギリの登場はタイムトラベルから帰ってきたタイミングなのかと思いきやどうも違ったようだ。このタイムトラベルの直後らへんにまた暦は何かの怪異と戦ってから虎へ繋がるってことかな。
傾物語
rating


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。