終物語 上

のっけから暗い話っぽかったけど終わってみれば老倉育はかなり落ち着いたし、忍野扇が起点になったこの騒動もアリなんじゃないかな。重箱の隅をつつく忍野扇と言われつつも、結果的に悲惨な少女が救われたことは見逃せない。それは阿良々木暦や羽川翼の努力によるものでもあるけど、きっと忍野扇がいなかったら老倉育は救われなかっただろうと思う。まぁ、八九寺真宵の件でやらかしてるから複雑だが。

忍野扇は一度男キャラとして誰かに会ってなかったっけ。多分性別を自在に変えられるのではと思うけど、それなら胸のことであれほど嫌味ったらしくネチネチと言っていたのが解せない。次に会うときに胸部がとても大きく成長、いや変更されていても驚かないわ。

羽川翼の世界一周の下見って忍野メメを探す旅だったのか。探しようがないんだし、ここは臥煙伊豆湖に会うのが正解だったんじゃないかな。
終物語 上
rating


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。