魔法科高校の劣等生16 四葉継承編

いやぁ凄い話だった。本家に着くまでの内部抗争はウンザリさせられたが、深雪の婚約者や真夜の思惑には度肝を抜かされた。達也が現当主の息子と明かされてヤッターと喜んだのも束の間、あっさり嘘を看破され一体どういう決着をするのか予想できなかった。作者は深雪が悲しまないようにかなり頭をひねったな。深雪が幸せになるのだから喜ばしいのだが、それでも二人の子供が絶対に安全かというと疑わしかった。だがしかし、深雪と達也の婚約は大変喜ばしい。おめでとう。

婚約発表と四葉次期当主ということで学校方面の反応が凄く気になる。『流石は達也くん。何でもありだな』に集約されるに違いないが楽しみでしょうがない。トーラス・シルバーもそのうち明かされるだろうし、『さすおに』はまだ始まりにすぎない。

深雪の完全調整体という完全に都合のいいものは置いておくとして、単なる調整体の堤琴鳴にはもう魔法を使わせるべきではないな。少しでも負荷をかけないように暮らさないと寿命を縮めそうだ。今回のような全力戦闘はもうしてはいけない。約束だぞ。
魔法科高校の劣等生16 四葉継承編
rating


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。