魔法科高校の劣等生18 師族会議編 中

国防軍がまたもや裏切った。敵を用意するために国防軍が安易に使われているような気もするが、それにしてもけしからんな。これまで度重なる迷惑を国防軍は達也にかけてきたが一度も謝罪していないのではないか。しかも私服警官を無断で囮捜査に利用しておきながら、敵の攻撃を見落として生命の危機に陥れたのは許しがたい。何が独立魔装大隊だ。身内から米帝以上に反逆者を出しておきながらケツも拭けない税金泥棒め。恥を知れ。

面の皮の厚さでは七草弘一も負けてはいなかったか。師族会議での大敗は真由美には秘密にしてあるようだね。そして長男の智一が初登場かな。この際だから家督を継がせたらよかったのにね。でも智一がデビューしたとはいえ、智一の作戦本部は成果が何も出せてないだろうから可哀想になってくるわ。次巻でも大本営の活躍は無いでしょ?不憫だ。

テロが続発すると思っていたが最初の花火以外全く音沙汰無し。やる気あるのかこのテロリストは。あの私服警官を傀儡するなら加速魔法で非魔法師を斬りまくるのがいいと思うよ。でもまぁ達也が接近してきてるからすぐに術式解散で傀儡が解けちゃうね。国防軍の大失策で傀儡になった彼らを助けてあげてね、達也くん。果たして一条将輝に出番は来るのだろうか・・・。
魔法科高校の劣等生18 師族会議編 中
rating


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。