カテゴリー別アーカイブ: かのこん

かのこん8 コイビトたちのヒミツ

前半の展開でもう買うの止めようかと思った。エロ展開にも飽きたし耕太の素人間っぷりにもいい加減ダレてくる。しかし後半のたゆらのときめきLOVE☆や、八束の極道息子時代の話は面白かった。とは言えいつ切り捨ててもいい作品になったな・・・。

耕太がまさかのEDになってしまい本人よりも周りが大騒ぎだったのは笑った。しかも治療するのに学校の保健の先生に頼むか普通w

久しぶりに登場の蓮と藍は以前はカエルのようだったけど今はちゃんと可愛い子になっとるね。んで話が飛躍して小学生に際どい格好をさせる話が出てたけど、あれはマジでけしからん。親は子供を女優にしたいとか言ってるけどどうみてもAV女優まっしぐらです。本当に親は死になさい。

たゆらが学園祭で朝比奈と一緒にまわろうと必死だったのがなんだか可愛かった。「好き」の一言がなかなか言えずに苦しんでるたゆらもいい。朝比奈の方はその気持ちに気づいてるのにしらんぷりしてるのもまたいい。もし「好き」と言ったら朝比奈はどう答えてくれるのかなぁ。

規律に厳しい八束が昔は荒れていたってのは意外性があった。幾は中学生ってことだったし温泉に一緒に入るって展開にためらいがなかったのもそんなもんかなぁとも思ったが、後に八束と同い年の二十歳だと判明w 幾はふわふわとしてて掴み所がなくて面白いキャラやね。

八束の「死ぬのは怖くない」って姿勢が問題になってたけど、もっとわかりやすく解決の話をして欲しかった。熊から逃げるために時間稼ぎをしようとする八束が、守るべき者が出来たというところから死ねない心を持った、と解釈すればよいのかね。
かのこん8 コイビトたちのヒミツ

かのこん7 さよなら、オオカミ

今巻はかなり面白くなかった。はっきり言って望がどうなろうとどうでもいいんだよ。あんなサブキャラごときで長々と一冊費やして時間の無駄だった。

導入の夢落ちは長すぎ。のちに結婚話をするから多少は仕方ない面もあるが、それにしても夢落ちで20ページも使うだなんてなぁ。どうせなら導入ラストまでは夢だと悟られないようにしてくれればまだよかったかもしれない。

初登場の土門家当主は面白い存在だった。言霊のせいで喋ることが出来ないってのは結構斬新な設定かも。会議後にカニ食べに行こうで少女な土門家当主がぴこぴこと行く気マンマンなのも可愛らしい。

耕太とちずるのエロスは今回も輝いてた。特にカニを食べてるところではまんまと騙されたw ついにそんなことまでしちゃったかと思ってたら、まさかのカニだもんなぁ。

ちずるのパロディネタは結構多かったが、まぁアリだよな。綾波のボケに砂原八束雪花がそろってツッコミ入れててわらたw 八束がこのネタ知ってるとは博識だな。

あの桐山が澪の「あまえんぼさん」に屈するとは見損なった。こんなところにもバカップルがw

望のゴスロリとツンデレは認めたくはないが面白かったといえなくもない。特にツンデレは望の研究の成果がよく発揮されていたと思う。とても洗練されたいいツンデレだったw

耕太がこの期に及んでも望を愛人として側に置こうとするのには反吐が出るな。二人を天秤に掛けたらちずるに軍配が上がると認めて尚両方を取るだなんて国民の皆さんに御納得いただけないだろう。ろくでなしの耕太はそろそろ死んだほうがいいと純粋に思う。
かのこん7 さよなら、オオカミ

かのこん6 ナギサのぱいぱいぷー

特には何事もなく終わったねぇ。平和な話だった。変化があったとすれば朝比奈が妖怪の存在を認識しちゃったことだね。なんで雪花達は教えちゃったんだろ。このまま無理に隠し続けるよりは、秘密を共有する存在になってもらったほうがいいけどねぇ。前巻辺りで朝比奈はちずる達から疎外感を感じてたようだし、あの秘密を知るようになり今まで以上に深い仲の友達へ近づけるかもね。

耕太は泳げないって、ホントこいつダメやなー。もっとシャキッとせいよシャキッと!修行しない努力しない、それでも合体したら最強なんて設定に甘えすぎだろ。ちなみに海で泳ぎの練習ってのはどうなんだろねぇ。海って波があるから泳ぎには超適してないんだよ。

望が海の上を走ってたのは笑ったw それを蓮と藍が真似て20歩までなら走れるようになるとかもうwww 凄い特技になるな。そいやあの双子は人間なんだってねー。葛の葉って妖怪集団ってわけじゃないんだ?八束も人間だっけ。人間にも強いやつはいるだろうけど、深い傷を負ったら直らないだろうし危ういなぁ。

せっかくの夏休みなんだし御方さまも少しは気を利かせて砂原幾と八束のラブロマンスでも演出してくれろ。いつもそばに御方さまがいて八束もなかなか手がだせないだろうしさ、ちょっとは協力しろと。玉藻の温泉にでも連れて行けば例の酒に酔った二人が・・・hehehe。

弦蔵と朔の大海神への挑戦にはかなり呆れた。まさに勇気と無謀を履き違えた愚かな自殺だった。はっきし言って生きてたのは偶然でしかない。無策で神風特攻をかまし、完敗して投獄されたので救助要請を出すとかもうね。同情の余地皆無であほんだらげ!二人とも死ね!

肝試し中にちずると耕太が潮騒ネタしてましたね。これは古い。古すぎるネタだ。僕は潮騒のことを漫画グルーミングアップで引用されていたことしか知らない。それだけ古くてマイナー感がぬぐえないネタをラノベでするのかとw なお潮騒は超メジャーだとかいう話はこの際してはならない。メインターゲットの十代の読者は知らなくて当然なのだから。でもまっ、ちずるが炎の前で顔真っ赤にしながらカモーンのポーズをしていたのはとても可愛らしかった。

最後の戦いはもうどうでもいいようなものだけど、唯一気になる点があるとすれば・・・、熊田はどこいった?www

エロ爆笑ものだったのが一箇所。

口でかぷこん。舌でなむこ。ああ、ちずるのさきっちょが、どんどんすくえあえにっくす。ばんだーい、ばんだーい。おおっと、舌は休めず、なむこ、なむこ、なむこっと。

‘`,、(‘∀`) ‘`,、
んじゃ2ch自作板で稀に見るコピペも参考出展しておこーかなw

あの夜、俺は初めて彼女とMMXした。
「もうそろそろiiyama? 君のI/ODATAを確かめたいんだ。XT」
MITSUMIあうと、彼女のMECはALBATRONとしていた。
緊張した俺は焦り彼女のソケット478をAOpenしようとした。
「ちょ、ちょっとRADEON!何をSis」もう俺は既にエレコム。
Sound Blasterのホックを外すとはちきれそうなPioneerがBarracuda
でもBIOSTARは意外と玄人志向だった。
「恥ずかしいわ。あまりミネベア・・・」
SCSIをTORICAるとKEIANをSOLTEKした痕がアルファデータ。
あそこはSUPERMICROだった。OMEGAドライバも少し鼻についた。
しかし、彼女のCREATIVEを刺激しつつ俺のセレロンを
彼女のSerial-ATAからASUSに這わせると、「FireWire~ン」
「もう、ATI」「COREGA欲しいんだろ?」「早くリテール」
俺は激しくTSUKUMO。「インテルはいってるっ!IEEE!1394!」
「あぁ・・・もうDell!」

かのこん6 ナギサのぱいぱいぷー

かのこん5 アイをとりもどせ!

めずらしく面白かったような気がする。人情に訴えかける話とバトルがさっぱりとしていたのが好印象でした。

蓮と藍の双子は顔が澪に似てて正体はカエルなのかと思った。最初こそ変な顔だなと好感持てなかったけど、2人とも結構苦労人っぽくてさらに貧しいとかもうね(っД`) まだ幼いのに姉妹だけで都会で生活し、ごはんは毎日おにぎりですよ(´;ω;`) 耕太でなくとも守ってあげたくなるよね。そういや澪はどうしてんだろ・・・。まぁいいか。

姉妹の七々尾家は武闘派だそうじゃないですか。それなのに蓮藍姉妹はあまり強くないかも?まだ幼いから仕方ないのかもしれないが、武闘派というならもう少し花を持たせてあげて欲しい。こんな雑魚扱いは可哀想すぎる。

尾てい骨を愛撫して豊胸だっけ?ホントこの筆者何考えてるんだろwww 筆者のエロスへの探耽求究は底が知れんな。この愛撫でちずるがあまりの恥ずかしさに泣き出してたのが意外と可愛かった。ちずるにも羞恥心あったんだ・・・。

桐山は予想外に成長してきたな。精神的に落ち着いていた。毎日の怪我は美乃里が差し向けた敵から受けたのかと思ったけど、全然違ったようで。そいや来年の番長は順当に行けば耕太かねぇ。1年後の耕太はまだ人間でいられるんだろうか。ってか耕太は修行しろよ。強くなろうとしろよ!狐の力を使わずに人間の業を磨け!あほんだらげ!!!

新一年生の熊田がちずるへの妖気注入に狩り出されたのはわらたwww 律儀にも全力で毎日頑張ってるしw いいやつだな~(遠い目)

たゆらが三珠に殺されかけたのはちょっとシャレになってないね。三珠が目的のためなら他者は殺してもいいというスタンスなら、登場するラノベを間違えたんじゃないのかと思ってしまう。そんなガチ戦闘狂な話は要らないんですよ。マジやめてね。ここでたゆらのピンチを救うのは桐山であって欲しかった。まぁ望と違って桐山は弱い方だし出てきても何も出来ないかもしれないが、番長なんだし強くあれ。

耕太達の敵であるはずの蓮藍姉妹が「義」の為に寝返ってくれたのは本当に嬉しかった。信じてたよ。この子達は別に悪い子らじゃないんだよ。親のため家のために仕方なく働いたけど、最後は友を裏切らず、自分たちの立場が悪くなるのを承知で友を助けた(っД`)いい話やな~。それにひきかえ三珠美乃里はマジ死ね。死ね死ね死ね。砂原がさっさと殺っちゃいなYO!!!
かのこん5 アイをとりもどせ!

かのこん4 オトメたちのヒミツ

ちずると耕太の新たなエロスの地平を目指す試みには毎度驚かされる。耕太の手のひらの上にちずるが座るだなんて誰が思いつくだろうか。さらに耕太とのディープキスで歯を磨くだなんて発想は人智を凌駕したものといえよう。まったく進も戻るも地獄だぜふはははははー。

2月14日は聖バレンタインが拷問の末に撲殺された日とかマジうけるwww そういやこれって逆だったらどうなってたかな。女から男への逆、男から女への告る日だったら・・・。男的にはこの日を狙って告るというのも潔くないような気がするなぁ。

たゆらのお返しがハイジャックで阻止される辺りはあまりのスケールの大きさにビックリだ。しかもたかが指輪を奪還するだけのために旅客機一機を破壊。天井に大穴を開けられた旅客機はおそらくもう修理不能かと。たゆら恐るべし。

朝比奈あかねの気持ちが読めないなー。そのまんま見れば耕太に気があるようにも思うけど、それじゃたゆらが可哀想すぎる。まぁ妥当なところで高度に偽装された秘めたる想いで、たゆらLOVEなのかな。学級委員長とクラスの不良は愛し合うのが法律で定められているからね。

熊田が卒業して新一年生としてまた入学してくるのは何かその展開読めちゃったよw 前巻で卒業の話でたしその時に熊田のこと考えてた。この少年院は年齢は関係ないからね。律儀にちゃんと卒業する意味もなかった。でも桐田が番長の座というのは違和感ありまくりだな。あの雑魚ちゃんと勤まるのかぁ?
かのこん4 オトメたちのヒミツ

かのこん3 ゆきやまかぞくけいかく

たわわな胸の揺れを「ゆやよん」と形容しているけどそこは「やゆよん」が正しいと思わないか?うむ、「やゆよん」であるべきだ。絶対。スキンシップを拒否し続けていた耕太も今や甘えんぼさんという免罪符を振りかざし、図書館でちずるの胸にむしゃぶりつくまでに成長したようだね。もうここまで来たらなし崩しで最後まで行きそうだけど、今どき結婚するまではしませんとかおっしゃるw 天然記念物のような男だな。いや、ある意味逃げてるだけのような気も・・・。

三珠が初めて話しかけてきたところは、あぁこいつ絶対妖怪だろと思った。まぁ話の展開上どうしようもないが、関係ない人が絡んでくるわけないしね。しかしバスの乗客全員が関係者かよw 多すぎだろと。しかもこいつら出番無いしwww ヒドスwww

耕太が吹雪で倒れてお約束の人肌で温めるところ後半に挿絵がなかったのは残念至極でした。かのこん始まって以来のエロイところだったのにw なんといっても耕太のアレが堅いだの大きいだのと、いったいナニ触ってるんだとwww なんで挿絵が無いんだああぁ!

美乃里って・・・、「みのり」という名前流行ってるの?スクライドにとらドラにかのこんと、世間はみのりだらけですね。んで美乃里と三珠が同一人物とは予想だにしない展開。三珠は葛の葉所属らしいけどさ、朔も葛の葉だったけどホントにまだ葛の葉はちずるがそこにいると気づいてないわけ?w ちょぉっとそれは無理があるような気がするがっ。

三珠と耕太のバトルは朔の時を彷彿とさせる内容の無さでどうしようもないな。そもそも耕太は人間だし本気を出せもないし。逃げまどうのを見るのもだるいなー。で朔が使ってた瞬時に間合いを詰める技術を「逃げ水」というらしい。この技は人間の身で朔が倒されたことがあるほどの瞬発力を持っているので、この先耕太が戦って行くには必須の技術だね。むしろ耕太は狐なんかにならずに人間最強を目指してもいいくらいだ。ワシの逃げ水は108式まであるぞとか、ワシの縮地は108式まd

まだ3巻目だけど戦闘力がドラゴンボール化現象を見せ始めているね。メチャ強いとされる熊田・朔を越えるちずるに、今後は計り知れない脅威が待ち受けているとか。もうどんどん敵が強くなっていきます。ほら・・・冷静になろうよ。そんな終わり無き戦争なんてくだらないと思わない?戦争なしでも話を展開させられると思うし、ほんともうやめてほしいなぁ。

ちずると耕太は前世で何かあったらしい。まさか「約束だよっ☆」属性降臨か?!展開的になんだっけあれ、えー、Airだ。アニメのAirをyoutubeで全話見たけど、なんか輪廻転生して2人は再開しまた別れたりしてた。よくわからんけどAirにインスパイアしてるような展開が来るんじゃないかな。
かのこん3 ゆきやまかぞくけいかく

かのこん2 はじまりはじまり

毎度この話から入って恐縮ですが、今巻もあまりエロくなかったなぁーっと。まぁたしかに一緒にお風呂に入ったりしてたけど何も・・・何も!しないし別にエロくない。耕太がチキンすぎてまさか不能なんじゃないのかと思えてきた。付き合いだしてそろそろ2ヶ月か。このチキンレースはいつまで続くのかな~。

最終的には望に本妻が誰なのかを耕太は言ったけど、あれ言うの遅すぎ。当初から並々ならぬ望の好意を受けておきながら、耕太はただ流されるままに享受していたのは酷かった。人でなしとは耕太のためにある言葉だな。

望が耕太のことを「いいひと」って言ってたね。たしかちずるもそう言ってたような?だが世知辛い世間一般からいって「いいひと」は褒め言葉じゃない。「いいひと」はどこまで行っても「いいひと」の域を出ず、恋愛対象にはなり得ないというのが通説。耕太には褒めるようなところが何もないので「いいひと」という言葉でお茶を濁しているんじゃないのかね。

朔って面白いキャラだな。熊田への果たし状に「ぶっ殺す」と簡潔に書いてたり、他にもなんかいろいろあった。結構憎めないヤツだよ。最後は望に裏切られちゃったのはお兄ちゃん的にショックだね。お兄ちゃんより男を取るのかと・・・。ま、そりゃ取るわなwww たゆらが望を人質にとったのは常識的に考えて効果ないだろと。朔と望は兄妹としても、たゆらから見れば望は同級生なんだし、傷をつけるなんてできんだろ。

ちずるが高校に通っているのは隠れ蓑としてと言ってたけど、それも長くても3年だよなぁ。今となってはあと数ヶ月で卒業か?その後はどこで匿うんだろねぇ。ぁ、まだ2年生か。
かのこん2 はじまりはじまり

かのこん1

特に面白くもなかったけど、フツー。肝心のエロイ描写は音楽室で耕太が押し倒されたくらいかな。転校初日で自己紹介も終わらないうちにいきなりナニをしようとするなんて、辛抱たまらんにも限度があるw 現時点では初対面で一目惚れということになってるけど、話が進むにつれどうなることやら。耕太が幼い頃にちずると「約束だよっ☆」という約束をしているというお約束な展開もありえる。ホントに約束属性は多いからなー。

ちずるに尻尾が生えている絵があったけど、尻尾がかなりデカイ。まるで狸のようなどっしりとした尻尾。できたらもうちょいスマートであってほしいなぁ。

耕太は意志薄弱で流される属性を持ったハーレム系ラノベお約束の主人公だね。もう迫ってくる女の子は全員おっけいなんでしょ?でもその気持ちはよくわかる。ぶっちゃけ可愛くてグラマーな女の子なら誰だっていいよねっ☆うんうん。

そういやこれ読む前はドタバタ学園ラブコメディーだと思ってた。しかしふたを開けてみれば妖怪超バトルときたもんだ・・・。もう子供の戦争ごっこに興味なくなってきたしバトルはあまりやってほしくないなぁ。ん~子供が戦争とか馬鹿らしくない?特にガンダムのように船に子供ばっかり乗って叫びながら戦うの。昔は僕にも戦争好きだった頃もありました(AA略

この高校が妖怪達の少年院として使われているとは驚きな設定だった。人間側としては、ちょっwwwおまっwwwwwなかんじだな。もし何かの弾みで人間側に被害でたらどうするんだろう。大丈夫なのか?

桐山の風攻撃は想像してみると防御不可能だなって思った。まぁ風に限らず火水土系の攻撃って完全に避けないとダメ。ありがちなのが剣でもってその攻撃を撃退するとかあるけど、そんなのできるわけがない。例えば風を剣で切ったって切れないのが道理。どこでどう間違って属性攻撃を物理的に防御できるなんてことになったんだろ。そこんとこをちょっとリアルにしたのがハリポタかね。魔法は当たったら負けな判定の厳しさがリアルだ。だからハリーは体術を磨けと僕がくちを酸っぱく言っt

ま、戦争はいっか。問題はラブコメだよね。いきなり一目惚れで両思いという終点に行き着いてしまってこれからどうなるんだろ。ちずるのやる気からするとナニなんてすぐしてしまいそうだが・・・。むしろしてくれておっけいですがっ!でも常識的にしないかぁ?とりあえず恋のライバル出現で三角関係以上が構築されないと盛り上がりに欠けるかもね。
かのこん1