カテゴリー別アーカイブ: とある飛空士シリーズ

とある飛空士への誓約9

最後の決戦でウラノスの航空艦隊が一隻もいなかったり駆けつけてこなかったり、首脳陣が捕縛されただけで戦争を終了してしまったりで肩透かしな感は否めないが、まぁいいかっ!

戦争が終わったら結婚しようというフラグが何度もあったのが笑った。清顕だけじゃなくバルタザールもそういう縁起を気にするのね。清顕はミオを迎えに行くから先にハッキリさせておきたかったというのは流石だった。

エピローグは12年後くらい?ミオもライナも会いに来てくれて大団円だな。セシルだけが独身だけどこれはもう妥協になるんじゃないか。王族だし独身はいかんでしょ。バルタザールは意外にも子沢山で。本人もちょっと気にしてるようだったのが可笑しかった。こうして親世代の絆が子供たちにも繋がって行くんだろうな。

ついに飛空士シリーズが終わった。全17巻にも渡って続いた諸勢力の争いが対ウラノスという御旗のもとに結集してようやく結実した。この平和を維持するためにはセシルが言っていたように国家間の友情が大切だろう。ウラノスの第二王子とセシルが手を繋いだように。
とある飛空士への誓約9
rating

とある飛空士への誓約8

秋津のクーデターは面倒くさい展開だった。対ウラノスの為に多島海は協力しないといけない中でクーデターという些事を経由しないとままならないとはな。特に滑稽だったのは直衛隊隊長の紫雪平が守るべき皇王が崩御していることを全く知らなかったこと。この一年間何を守っていたって?無能過ぎて笑える。

カグラは銃殺ということになっているけど、本当かな?そういうことにしておいて国外に逃がすべきだろう。新しい皇王は芝居も打てない無能か?

セシルの切り札ってバルタザールからの手紙だったのか。清顕たちの脱獄を依頼するときに何か切り札を匂わせていたけどこの事だったのね。バルタザールに対してセシルは連戦連勝だな。負ける気がしない。

ウラノスと同等の戦力を用意して決戦するのかと思っていたけど、どうも違うっぽいね。不意打ちの強襲をかけてクレアたちを奪還か?イスラ艦隊が囮でセントヴォルトの浮島にジェットエンジンを付けてプレアデスに強襲・・・。まぁ仮に奪還しても逃げられるわけがないから奇跡に頼ることになりそうだが。
とある飛空士への誓約8
rating

とある飛空士への誓約7

章タイトルに『プレアデスの奇蹟』とあってビックリしたが、まだその時じゃないよね?一体どんな超常現象が起こるのかはわからないが、第二次イスラが来たことを指しているのではないはずだ。イスラの規模はウラノス方面艦隊一個分だそうだから残り二個分の規模がないとウラノスと対等の戦力にはならないね。今更の多島海で団結して一個分、残りはレヴァームが来てくれるのかな。

エリザベートがイスラに接触していたというのも驚くべきことだ。4万キロは離れた勢力なのによく会えたね。やはりイスラとしても中継地が欲しくて偵察でもしてたのかな。そういや多島海にイスラのような航空艦隊が無い気がするがどうなのか。

単座戦闘機カズヴァーンの試作機を製造しているベルナー重工業はドヤ顔してるんだろうけど、この戦闘機は配備する前から完全に完膚なきまでに時代遅れだから。試作というなら次世代機のように現行の三倍の速さが出せないと話にならないだろ。ベルナー重工業は帝国に弱い戦闘機を掴ませて敗北させようとする国賊に違いない。

戦闘機乗りの強さが青天井でどうなっているんだ。清顕が強いのはマァいいよ。でもどうせチートのライナがめちゃ強いんでしょ。ほとんど乗ってないくせに強いというのが許せない。
とある飛空士への誓約7
rating

とある飛空士への誓約6

かつての仲間と戦う覚悟のない清顕を見ていられない。守るべき街が焼かれ尽きないと戦う気になれないとは失望させられた。しかも国外逃亡までするとはどうしようもない国賊だな。

エリザベート・セシル・シルヴァニアは帝国への協力を惜しまないと言いつつアクメド率いる傭兵団を増強しているのか。まずは多島海の争いを止めたいだろうけど傭兵団が睨みを効かせたくらいで止まるものかな?そもそも帝国は続行したいだろうしなぁ。
とある飛空士への誓約6
rating

とある飛空士への誓約5

囚われの仲間を助けるために皆が危ない橋を渡ったな。バルタザールの言い訳はぐだぐだと長ったらしくてちょっと鬱陶しくはあるけど、失敗すれば一番失うものが大きいのに脱獄の主犯格として尽力したね。この貢献にセシルが永遠の信頼を抱くシーンは最高だった。

ライナはぶっちゃけどうでもいいけど、もう騙す必要がなくなったことだしよかったんじゃないかね。今後はチートで舐めプでもしてればいいのでは。
とある飛空士への誓約5
rating

とある飛空士への誓約4

ツンデレのバルタザールが唯一の仲間に会えて密かに喜んでいたり、身分を隠したセシル女王陛下を蔑ろに扱ったりと今後も活躍が楽しみだ。サントス島制圧の為にセシルの肩書が必要のようだが、同盟の秋津に宣戦布告したセントヴォルトに協力してくれるかね。あるいは清顕達の身柄と交換か。シルヴァニア王国復興はセントヴォルトの国益にかなわない気がするけど、セシル女王陛下の即位は見てみたい。

それにしてもセントヴォルトは調子に乗りすぎだ。たかが浮島を手に入れたからってどれほどのものか。物量で勝るウラノス、さらに秋津までも敵に回したら敵の敵は味方になってセントヴォルトの周辺国が攻めてくるぞ。軍を維持するために他国から富を奪わないといけないこの連鎖は最悪だ。

ライナの正体がバレたからもう帰還するしかないはずだけど、なんか他の人にはバレてない前提で居残り続けそうだな。清顕なら絶対に密告しないと信じているんだね。友情って素晴らしい。というか、ライナは決戦を前に毒を盛るとか可能だっただろうに、何もしなかったのか。これはウラノスへの裏切り行為だ。査定に響くぞ。
とある飛空士への誓約4
rating

とある飛空士への誓約3

展開がとても早い。友情っていうほどの交流があまり描写されていない気がするけど、一応出会ってから1年半ほど経過したんだね。もっと友情しているエピソードが欲しかったな。しかしミオ・セイラのスパイが早速露見してウラノスへ逃亡したから、友情を育む展開はもう終わりか。後はミオの気持ちを推し量って「友情は永遠だ」と皆が思えるようにならなければならんわけだ。

それとライナ・ベックを憎まない落とし所が気になる。エアハントでやらかしてくれて、今更この時代と状況が悪かったからしょうが無い、では済まない。ライナへの同情を仲間が共有できるのか、まずは推移を見守ろう。

ウラノスの軍事力を持ってすればその抑止力で世界から戦争を無くすことが出来るかもしれない。でもそうするわけでもなく、創世神話にあるとおりウラノスが世界を統べる為に戦火を広げていくだけなのか。ウラノスにとってはそれが大儀だろうけど、正義の欠片もなくてちょっとつまらない。
とある飛空士への誓約3
rating

とある飛空士への誓約2

王位継承者の正体にはまんまと騙された。一番影の薄かったセシル・ハウアーだったとはねぇ。好きな人が士官学校へってのもイリアのことかよ!

それよりも大変なのがミオ・セイラだな。バルタザール・グリムの推論を聞いてもピンとこなかったけど、ウラノスの工作員だったのか。というかあの天真爛漫だったミオの姿が偽りだったとは思えないし、今の今まで自分がスパイ一家に属していることを知らなかったっぽいかな。優しいミオにはスパイは全然向いていないからどれほど役に立つのかね。せいぜい自殺未遂して終わりそうな気がするが。

リアリストのバルタザールはスパイを発見したのに何らアクションを取らないとは意外だな。告発すれば手柄になって出世レースにも好影響が出そうなものだけどね。まぁ友情が試されるのはこれからか。叶うなら、ミオとライナに救いが訪れることを願う。
とある飛空士への誓約2
rating

とある飛空士への誓約1

この話は時系列では恋歌以後にあたるらしい。第二次イスラ計画がどうなったのか気になるが、現在進行形か敗北か、あるいは「プレアデスの奇跡」に集約されていくのかな。

二人の裏切り者は一体誰なのか。一人はウラノス出身の工作員、もう一人は旧シルヴァニア王国王位継承者か。この中に裏切り者がいるだなんてちょっとドキドキするわ。恋歌みたく二巻目であっさりバラされそうだけど、王位継承者は多分ミオ・セイラかなと予想。好きな人と同じ士官学校にって記述があったしそれが理由。しかし仮にシルヴァニア王国を再興したからって裏切り者になるのか?

ウラノスの工作員が誰なのかは難しい。夜間着水時のアレと無関係なのはパイロットの坂上清顕とイリア・クライシュミットとミオ・セイラだから他の四人に絞られるが、はてさて。裏切り者が二人共女ってことは無いだろうし、男となると確率は1/2だな。露骨に怪しいバルタザール・グリムかライナ・ベックになる。ミスリードを考慮するとライナ、君が工作員だ!ってか工作員をスーパークアッドチタン最強にし過ぎな気がする。

「友情は、永遠だ」か。敵味方に別れようともその誓約を守るとは中々厳しいな。そんな風に思いつつ殺し合いなんて出来るのか。あれだ、『愛するものを、愛を信じて、殺せるか』の喰霊零を彷彿とさせられた。
とある飛空士への誓約1
rating

とある飛空士への夜想曲 下

どういう決着で戦争が終わるのか、よくて一矢報いる程度だと思っていたらまさかの引き分けとは驚かされた。この戦争に負けていたら民族浄化だっただけに、千々石の戦果には途方も無い価値があった。

戦後に海猫が生き残っていたから千々石もそうなるかもと願っていたが、現実は厳しいな。唯一の救いはユキが身籠った千々石の忘れ形見か。この強い絆があればユキの心もいつかは癒やされることだろう。
とある飛空士への夜想曲 下
rating