カテゴリー別アーカイブ: ウィザーズ・ブレイン

ウィザーズ・ブレインVII 天の回廊 下

気がつけば雲上航行艦の必要性が無くなったね。クレアも自分の船を降りて今ではヘイズの膝の上に座っている始末だし、世界で三隻の雲上航行艦の活躍は今後あるんだろうか。

南極の衛星で何が起こっていたのか不明でもどかしいが、ウィッテンがそこに居続けなかったことからして、アリスは生きてはいなかったんだろう。アリスが言った「世界の解」とかまた謎が増えてしまったけど、アリスの優しさを思えば遮光雲が攻撃や防御の為に用いられたってわけじゃないのかもしれないね。さらにはあの雲を除去する方法かそうした後か、何かよくないことが起こりそうでホントに一筋縄ではいかない話だな。

賢人会議における真昼の目標は魔法士と一般人が手を取り合って生きていける世界の構築ってことなのか。三人の天才がなし得なかった遺志を引き継ぐ形になるわけね。その大事業を支える人材が賢人会議には他に誰もいないけど、同盟都市のフェイが同じ夢を見てくれるようで頼もしく思う。

全陣営の魔法士が知り合いになってしまって今後はもう戦えないんじゃないかな。命を取らないように配慮してお互いにセーブしちゃいそうだ。すでに戦う理由が無い気もするし、そうなると賢人会議の同盟の必要性も無いような・・・。
ウィザーズ・ブレインVII 天の回廊 下

ウィザーズ・ブレインVII 天の回廊 中

大気制御衛星に「偽装」したっていうから不穏な感じを受けていたが、貴重なサンプルであるアリスの隠れ家として流用していたっていう意味か。しかし衛星の件は事故ではなかったという流れになりそうだし、純真故に精神が危うくなった時のウィッテンがどうなるのか、知るのがちょっと怖くなる。結果的に200億人が死んだ責任は誰に向かうことになるのやら・・・。ところで南極にも拠点がありそうだしそっちは誰が押さえるんだろうか。

危ういといえばセラは大丈夫かな。老人達とのわだかまりが全く晴れていないようだし、何かきっかけになって老人達を皆殺しにしないかと気が気じゃない。一応D3が無いし何も出来ないはずだけど。

月夜はフライヤーの欠陥の件で久しぶりに存在感を示せたね。どの陣営もまさか自分の所にも欠陥がと慌てていたのが可笑しかった。そういえばオーストラリアでの作戦中にもフライヤーを外部から操っていたような?

恋するクレアがひとりで猛烈に空回りしていたけど、月夜あたりが冷やかして欲しかったなぁ。「こいつ」や「あんた」辺りの言葉がクレア的にツボらしいが、これは化物語のように「あなた」と「おまえ」の夫婦的な感じが胸キュンなんだろうか。
ウィザーズ・ブレインVII 天の回廊 中

ウィザーズ・ブレインVII 天の回廊 上

賢人会議の首領であるサクラが頭の弱い子として筆者からも不遇の扱いを受けていたのが笑えた。今のところ賢人会議って存在意義が無いよね。新エネルギーの開発や破壊活動の方にばかり注力して、そもそもの原因に向き合おうとしないのが終わってる。まぁ影の支配者である真昼は何かあるのかもしれんが。とりあえず永久的暫定指導者革命の虎サクラがこれ以上嘲笑を受けないように、真昼が放課後の居残り授業をしてあげるべきだな。

カラーイラストでクレアがお腹に手を乗せていたから早くもヘイズの子をご懐妊かと小躍りしてしまったが、どうやら勇み足だったようだ。でもクレアの方はまんざらでもないようだし今後に期待せざるを得ない。冗談はさておき、世界で最初に大気制御衛星の秘密の一端に触れたヘイズの洞察力は感嘆に値する。全人類を救う大きな一歩だというのは間違いないが、しかし衛星の謎は何だか雲行きが怪しいね・・・。単純に破壊して終わりとはならなさそう。

そういえば、作中の恋模様の描写が筆者は下手だな。本筋の展開は素晴らしいだけに、こと恋の話になると展開の単純さに稚拙な印象を受ける。まぁ、クレアが幸せになってくれればそれでいいけども。
ウィザーズ・ブレインVII 天の回廊 上

ウィザーズ・ブレインVI 再会の天地 下

サクラの、一般人は幾ら死んでも構わないという主張は全く支持されていないのにこいつはなぜ胸を張っているんだ。アニルから一般人の命は眼中にないのかと聞かれて答えることが出来なかった指導者ですよ。アニルが今を生きる人達に未来を託してマザーコア化を決意したというのにそれを自分の都合で阻止しようとした指導者ですよ。サクラは人類を救おうとしているんじゃなく、目の前の事態を場当たり的に妨害して破壊し尽くすだけだよな。そんな無能だから賢人会議の指揮権を真昼に剥奪されんだよ。あほんだらげ。

まだ言い足りない。サクラの『なんちゃって信念(笑)』だが、マザーシステムの稼働率を現状の70%に制限しろという要求は、賢人会議が掲げているマザーシステムの存在を絶対に認めないというものと真っ向から矛盾する。錬には偉そうにどちらか都合の良い方に合わせているだけだと信念の無さを罵っておきながらサクラはサクラで主張の柱であるマザーシステムの否定をまるでコウモリのように都合の良い方へ稼働率70%なら認めるときたもんだ。笑わせるぜ『信念(笑)』。

真昼は期待とは裏腹にアニルを徹底的に妨害し、世界を変えるという布石がただの破壊活動で始終したのは残念極まりなかった。ここまでの評価なら天才なのに馬鹿野郎だったが、最後のルジュナとの話で本当の本当の本当の狙いが明かされて納得できるようなよくわからんような、とりあえず賢人会議をゴキブリホイホイにするんですね、わかります。

クレアがマサチューセッツをようやく裏切ったが、もうこのシティにはまともな魔法士が一人もいないわけだしモスクワ辺りに占領されそうだなw あぁクレアがヘイズのところへ嫁いだことだし次巻では元気な赤ちゃんを産んで欲しいね。

アニルが生命維持層の中に入ったところでは目頭が熱くなった。残されたルジュナも父だけでなく兄までも失うことになりどうしようもないやりきれなさが伝わってきた。アニルが落ち着き静かに逝った様は流石一国の指導者だなと思わされた。今から始まるこの十年という託された時間を無駄にすることなく人類には足掻き続けて欲しい。
ウィザーズ・ブレインVI 再会の天地<下>

ウィザーズ・ブレインVI 再会の天地 中

クレア可愛いよクレア。ディーが心配で仕方なかったようだけどとりあえずそちらはセラに一任ということで心配事が一つ無くなってよかったよかった。セラ・クレア・フィアと三人も集まってお話ししてるのはなんか微笑ましかったなぁ。

錬とディーの戦闘は少し錬が押し気味だったかな。ディーの奥の手といえば森羅かと思いきや違って地味なもんだったね。何がどうなってるのかよくわからなかったがまぁいいや。

んで一応森羅って最終奥義なわけだけどあれってそんなに強いのかが疑問。脳がオーバーヒートするまで、且つ傷を負っててもMAXが出せるってのが売りだっけ。あと反応速度は上がったかな?これがイコールで超強いってのがよくわからんな。

今回は敵味方の共闘が多かったね。もうそのまま仲良くなって争い止めて欲しいところだけど主張が正反対だしなぁ。クレアとヘイズの組み合わせでクレアをお姫様抱っこしてたのが印象深い。どこ触ってるのとかクレアには怒って欲しかったがw

ところでクレアはエデンズボゥイのキャラに似てるなぁ。前髪をぴったりの長さに揃えてるところやマスクとか。

アニルが錬の覚悟の無さを指摘したところはザマーと思いつつも、便利屋として身を立てている錬が場当たり的に任務をこなすのは当然のようにも思う。何といってもアニルやサクラとは立場が違う。とはいえ、神戸シティ1千万人を殺した錬には自己弁護ではない答えを聞いてみたいな。

真昼の狙いがまだわからないけど真昼ならきっといい選択をしてくれるだろうし今後が楽しみだ。でも盛り上げるためとはいえ秘密主義が過ぎるなw
ウィザーズ・ブレインVI 再会の天地<中>

ウィザーズ・ブレインVI 再会の天地 上

幼女ばかりのウィザーズ・ブレイン内で紅一点のクレア嬢がカラー絵で降臨していたのは大変喜ばしい。しかも白い太ももが眩しい超ミニスカ姿には第一種戦闘配置をせざるを得なかった。ディーとのわだかまりの件はどこか2人で話し合えたらいいね。ってかディー冷たすぎ。

ヘイズが通常戦闘のディーを見て早過ぎて避けられないって言ってたがあれは本気で言ったのか?そうならヘイズは騎士には勝てないことになってしまう。いやしかし以前に錬と戦ったときは避けたよなぁ。錬だって43倍速くらいは出来るし今回の降参宣言は真意を測りかねる。

ニューデリーの技術力ならマザーコアの適正はある程度柔軟なのかな。アニルがマザーコアに志願した動機が代替手段を獲得するまでの時間稼ぎをしたいからということに凄く納得がいった。そうなんだよね、一巻目の感想でも書いたけど今はまだ耐えるしかないんだよ。マザーコアシステムを妨害するよりも次世代の技術を模索しないと!それとニューデリーも技術を隠してないで他都市に提供しろよ!
ウィザーズ・ブレインVI 再会の天地<上>

ウィザーズ・ブレインV 賢人の庭 下

戦闘激しすぎ。全市民を守るために退けないモスクワが死力を尽くしていたしどっちを応援すればいいのか難しいところだった。客観的に見て悪なサクラ達でも世界を全て敵に回しても守りたいと狂信的なこと言い出す始末でなかなか素直に応援できなかった。しかしこの考え方はどう見てもテロリストです。本当に有り難うございました。

イルの絶対防御は完璧すぎて反則やね。その無敵ぶりで大気制御衛星なんて軽く捻れそうなのは気のせいなんだろうか。イルはノイズメイカーをぶつけられることが非常に少なかったと思うけど、やはりIブレインを使ってるわけだしこの装置を使われると無敵じゃなくなるのかな?

あまり台詞の無かった子供達がサクラを気遣っていたシーンは涙腺にきた。いくら一千万人の為とはいえこんな小さな子達に死んでくれなんて世界はたしかに狂ってる。子供を燃料にするとか想像を絶する行為だよなぁ。

世界にマザーコアの真実を告げるべきだとずっと前から思っていたがようやくその段階へ進んだね。しかしこのプロセスは必要だがこれと同じかそれ以上に優先されるべきなのは大気制御衛星の撃墜でしょ。太陽のエネルギーを再び手に入れればマザーコアは必要なくなる。根本の原因は子供達が作られることではなく、太陽光が届かないことこそが根本原因なのだとサクラには視野を広げてもらいたい。まぁその為のヴァーミリオン・CD・ヘイズなわけだが。

ここまで読んで思ったがこの筆者は結構凄い。どのようにかは面倒なので省略。
ウィザーズ・ブレインV 賢人の庭<下>

ウィザーズ・ブレインV 賢人の庭 上

人間模様が複雑になってきたな。ディーがまさかのモスクワ派、セラはどちらにつくのか不明。サクラの正義に妥当性と説得力があるかどうかが注目だが、今のところサクラは分が悪いような気がする。でもまぁ錬の1000万人皆殺しが正当化されるくらいだしサクラが数千万人殺しても正当化されそうだがなぁ。とりあえずサクラは人類が生き残る為の代替案を示すべきだ。代替案無き否定はナンセンス。

ディーとセラの擦れ違いには見ててイライラさせられる。どっちかっていうとセラの方がちょっと悪い。死者を尊重しすぎて今生きているディーを蔑ろにしているのがな。一緒に生きていくんだし未来を見ろよ。

光使いとしての技術力がまださっぱりなのも不満だ。逃亡者として逃げ続けるのなら技術は必要だろうに暢気だな。あと思考がとろい。いつも「え・・・?」とか疑問系連発でとろすぎる。

天樹真昼は普通の人間だし活躍の場なんて無いだろうと思いきや電子戦で結構な戦果を上げたねぇ。よくよく考えてみれば魔法士やその理論を作り上げたのは人間なわけだし、今なお魔法士よりも優れた能力を持つ人間がいても何らおかしくはないか。しかしフライヤーで逃げおおせたのはかなりご都合が入ってたかと。

大気制御衛星の謎は置いておいて、これを破壊することってのはできるんじゃないかな。雲上航行艦三隻が何度も地上と雲上を行き来して必要な物資を上げて長距離か至近距離かでフルボッコできるでしょ。又は地上3万~4万メートルから大質量の物質を2万メートルに位置する衛星に真上から落とせば防げないかもしれない。常識的に考えて立案できる全てを防ぎきるほどの衛星の能力が今後明かされるんだろうか。
ウィザーズ・ブレインV 賢人の庭<上>

ウィザーズ・ブレインIV 世界樹の街 下

エドが世界樹の種を持ち出していなかったら100%失敗するという情報が手に入ってなかっただろうし、ロンドン軍も同じ状況になっていた可能性が十分にあるね。まぁ失敗するにしてもどうせなら大気制御衛星の真下で実行してれば少なくとも一機は破壊出来たのになぁw

ファンメイが皆と打ち解ける直前のエピソードがよかった。フィアの『あの子いい人説』を強引に否定するところとかファンメイの純真さがでてた。体調不良の件は結局うやむやで完治してないっぽいのは残念。世界樹の超演算かなんかでついでに構造を書き換えるとかで治るのを期待してたのになぁ。

ハリーの軽口は面白い。ヘイズがファンメイを思いやって軍人を辞めると言った時にハリーはロンドン軍の低い技術力に未練は無いと強がり、さらにはヘイズはもう死ぬかもしれないと言えばこれを切り抜けるのもいつものことと励ます。ああ、ハリーは機械にしとくには惜しい存在だ。

世界樹暴走の幇助という歴史的大罪を犯した賢人会議は次にどんなリアクションをしてくれるのか気になる。今頃黒い少女も涙目なんだろうか。
ウィザーズ・ブレインIV 世界樹の街<下>

ウィザーズ・ブレインIV 世界樹の街 上

早くも雲上航行艦の最後の一隻が登場。この流れは大気制御衛星をボコる為の布石として船の紹介が3連続も続いたのだろうか。対艦戦でのエド号は360度からの同時攻撃などヤバイほど強かったけどそれを上回ったヘイズ号には唖然とさせられた。もしかして完璧な未来予測って最強?最強な人は祐一・錬・ヘイズと多いねぇ。でもノイズメイカーだけは勘弁な!

ヘイズは一生逃亡生活かと思われたが敵の敵は味方理論によりロンドンの客員軍人になってしまった。意外とどうとでもなるもんだなぁ。

エドは自力で世界樹を育てようとしてるけどその方向性はロンドン軍と大差ないんじゃないかな。逃亡してさらに資料を奪取してまで自分一人で話を進める理由がわからん。

フィアが錬の心を読みたがるところが可愛らしかった。迂闊なことを妄想できないが錬の危ない想像力でフィアをもっと赤面させて欲しい。

巻末の設定資料集を軽く読んでたらエドが誰から世界樹の情報のリークを受けていたのかが書かれてあった。まだその話は出てなかったのにとんだ罠だな!危険すぎてもう読めんわ。
ウィザーズ・ブレインIV 世界樹の街<上>