カテゴリー別アーカイブ: ネクラ少女は黒魔法で恋をする

ネクラ少女は黒魔法で恋をする5

いや、あれだけケチ付けといて新刊買わないだろー?ってのが常識的な判断ですが、この新刊は伊達じゃないんですよ。なんと言っても帯に「ついにクライマックス!」だってさw そりゃ打ち切りにもなるさ。むしろ5巻までよく出せたなと。そういうわけでネタとして買った。

最初から最後まで神門の出番が無かったのには全米が笑ったw 一応設定的には重要人物だというのに完全スルー。話を閉めるには最早邪魔なキャラになってしまったが、そもそも神門は登場させるべきではなかった。筆者のミスは全て第2巻に集約されていると言っても過言ではないだろう。

会長が魔法を使った件について永音に報告しに行ってまともに取り合わない永音に頭突きをかます真帆がよかった。呪詛を口ずさむネクラというのもいいが肉体言語で熱く語るのもよいね。ぴぴる ぴる ぴる ぴぴるぴ~♪

副会長が真帆と一之瀬との性交シーンを目撃して釈明を受け付けないのは強引にもほどがある。どうせならこれをネタに体育館使用権と人体蘇生への協力を錬金術師的等価交換で取引すればよかったのに。

『過去』から逃げることはできないの。だって、『過去』は変えられないのだもの

これは筆者が第2巻でやってしまったミスを今更どうしようもないんだようわあああぁあんって感情がよく表れている。で、部長とはいえ所詮は高校生だしこのセリフに対するアドバイスが咄嗟に出なかったのは仕方がない。ラストでこのセリフの背景や感情を部長が説明してくれてようやく皆が納得したことだろう。

一之瀬が沙倖を無理矢理ピーーーしたとかいう会長の発言の信憑性は著しく低くて、え?これを信じちゃうの?みたいな。これがあたかも事実として話が進んでいったのは呆れるほど強引だった。

おじ様こと伊丹はやはりそっち系の人でしたか。無能揃いのアスガルズは悪魔フェアリルの捜索を断固阻止するために、捜索を止めようとしない伊丹を悪魔呼ばわりし抹殺にかかるとか一体どうなってんだ。さらに救いようのない屑が揃ったアスガルズの公式見解も目を見張るものがあった。

アスガルズの仕事は地上の悪魔を捕まえること。そこに善悪の判断は関係ないの

これはつまり、悪魔フェアリルは絶対に捕まえないが、悪魔伊丹は絶対ぶち殺しwww 正義の名の下に!!!m9(^Д^)プギャー

決戦の日を大会に定めたけどそんなの待たずに先制攻撃すればよかったのにね。まぁ執行機関のアスガルズは動かざる事山のごとし、伊丹には連絡がまだ行ってなかったわけだが・・・。ゴブリンも時間かかりすぎ。

エピローグで真帆が一之瀬に告白しちゃったのは驚きだった。玉砕だったようだが次告白するときは髪を下ろしてすれば一之瀬の興奮度がリミッター越えるだろうからマジおすすめ。その時なぜか沙倖たんハァハァとか言われるかもしれないが気にするな。告白の記憶を消去した永音がまだ生きているとか、真帆のギャグがここにきて大ブレイクw

ふー。文句言い出したらきりがないがもっと話を練り込んでいれば客が付く余地があっただろうに。ほんの1mmだけ惜しいねぇ。
ネクラ少女は黒魔法で恋をする5

ネクラ少女は黒魔法で恋をする4

これまでとは変わって短編集っぽい編成だね。魅力に欠ける登場人物に話を肉付けして少しは読めるものになるかなと期待したけど、やっぱりダメっぽい。真帆はいいとしても一之瀬のアピールが足りない。4巻目になっても唯のハンサムボーイでしかなく、それだけじゃどうやってももの足りない。

このラノベ唯一の良心である夏樹が姉妹喧嘩とな。高校受験等を控えた中学生だし情緒不安定になることもあるでしょう。でも喧嘩状態をずっと続けるのって結構難しいんじゃ?僕の場合は怒りがあんまり持続しないなぁ多分。そのことよりマザーテレサがどうのこうのの「愛の反対は憎しみではなく、無関心」ってのが気になった。まぁそういう場合もあるだろうけど、基本的には愛の反対は憎しみだと思うよ。

夏樹が伊丹書店に辿り着く天文学的確率はこの際置いておいて、姉曰く「年長者を敬わない、恩知らずで世間知らずの妹」発言に対して「悪口ですね完全に」ってやりとりが面白かった。夏樹ちょっと落ち着けw 余裕のない妹に真帆が助けようとしているのはなんとも微笑ましいですが、その手段が!言葉でどうこうじゃなく黒魔術で何とかしようとするあたりは、真帆が真帆たる所以でしょうかねぇ。

KIAI入れて夏樹が彼氏に不満を絶叫するあたりは青春ストライクな展開で好感が持てた。感情を爆発させる夏樹かわゆすw サブキャラでは夏樹が一番キャラ立ってていいね~。

雛浦編。
暴力的な痴漢を捕まえようと自警団結成するとかすごい展開w 百歩譲って結成したとしてもだ、女だらけの自警団なんてマジありえんwww 痴漢にボーナスステージをあげるようなもんだな。大河内にこんな酷い行いを強いるなんて筆者は鬼畜。

警察官が犯人だったという奇をてらった演出についてはちょっと評価が難しい。まぁありえないとは言わないが・・・。でも銃を持ち出して来るというのは犯人がわかっていた状況では予想して当然だったな。雛浦が一度ならず二度までも油断したのには呆れるしかない。そういや雛浦が当初から言っていたように、自警団結成なんてものは危険極まりなかった。その点の判断はよし。

真帆はそのとき・・・、警察に電話していたというオチにはちょっとがっかりだった。どうせならゴブリン召喚しろとw 真帆が「ゴブリン!銃からの私の盾になりなさい!」とか言って欲しかった。

湊山編。
異性がこっちを見ているだけで、「おっ気があるなあいつ」って思うのは男からしてみればフツーだよねー?だよねー☆ しかしよりによって弓ヶ浜か。まぁ思いを寄せてくれて可愛ければ誰でもいいか。しかし見栄を張ったのか、告白されたと言い切っていたのはただただ痛かった。

合宿編。
永音が持ってきてくれた水着を真帆着ろよ!ビ・キ・ニ!ビ・キ・ニ!どうせならホントにスク水持ってくるの忘れてたらよかったのに。このラノベにはお色気成分がちょっと足らんね。

熊出現でゴブリンがついに登場。ネズミなのに熊に挑めとか無茶をおっしゃるw なにかスキルはないんかな?召喚獣だし何かあっても不思議じゃないんだけど、今のゴブリンのままじゃ近いうちに死ぬぞw
ネクラ少女は黒魔法で恋をする4

ネクラ少女は黒魔法で恋をする3

読むものが無くなってしまったので仕方なく3巻目をば。2巻目を読み終わってからすでに3週間も経ってしまったので、あの頃のピュアな嫌悪感もかなり落ち着きました。「記憶を消す」ってのは今後の展開では事ある毎にデフォデリートのようなので、もう気にしたら負けと割り切ろう。

ゴリラに例えられている大河内はちょいと扱いが可哀想だねぇ。悪いヤツじゃないのにゴリラゴリラと罵倒し続けるのは、ネクラ属性で納得させるのも強引な気がするが・・・。

転校してきた宮脇は悪魔に取り憑かれているという話だったのに、本人はこれは天使だよって主張するあたりは意外にも面白い展開だった。ちょいとその可能性を信じちゃったよ。

演劇部の練習で人前で歌うっての、真帆の選曲が「ドナドナ」とかセンス良すぎwww やっぱ歌ったからには歌詞全部覚えてるのか。ってか僕の場合だと暗記してる歌なんてひとつも無いぞ。

召喚獣のゴブリンが結構可愛く思えてきた。真帆にいいようにコキ使われ虐げられている姿がいい。強そうな悪魔が取り憑いてるってのにその宮脇を尾行しろだの、包丁持った宮脇に突撃しろと命令されて更に置いてけぼりくらう薄幸のゴブリン。毎度生き残っているのが不思議なケモノだね。きっともうじき「ピカチュウ!電撃攻撃だ!」とか命じられるぞ。頑張れゴブリン!

雛浦のストリートファイトな展開にはびっくりした。ヤクザを武力で撃退してタダですむと思えないんですがw もっと何かやりようはなかったのかよw 200m先の宮脇を追いかけて雛浦が「どうして、分かるの?」と言ってたのは真帆の能力が知られそうだったのでドキドキした。むしろ知ってください。そして記憶も取り戻そう。

悪魔との戦闘時はアスガルズが割って入ってくれると信じてたのにアイツ等誰も来ないしwww しかも戦闘あったのすら知らないときたwww これはもうアスガルズが無能集団だと証明されましたね。本当にありがとうございました。

いや冗談抜きでアスガルズ何してんの?いわゆる警察機関なんでしょ。人手不足で構成員は実は3人しかいないとかかな。こんなずさんな仕事ぶりじゃ真帆の命何個あっても足りないぞ。

宮脇の葛藤について何か言うべきなのかもしれんけど、面倒なんでどうでもいいよ。

っんとまぁ3巻は以上。特には印象に残るようなこともなかった。まだ依然としてどうでもいい作品という位置づけだなぁ。
ネクラ少女は黒魔法で恋をする3

ネクラ少女は黒魔法で恋をする2

超つまらねえぇええええええええええええええええええ!中盤からは読み飛ばしたくて仕方なかったけど耐えたぜ!

神門の設定や扱い方はどう見ても涼宮ハルヒのパクリだね。インスパイアし過ぎ。他には理不尽な展開が多すぎて嫌悪感抱きまくりでした。

理不尽その一。真帆の記憶消去について。第一巻目でおそらく続刊が出ることはほとんど想定していなかっただろうし、あの時点では記憶消去はひとつの手段だったでしょう。しかし二巻目が出るとなるとこの記憶消去は大失敗になった。まずなにより、真帆が変わったのは真帆自身の力であり、悪魔が悪魔の力で影響を及ぼしていないこと。つまり真帆に落ち度は無かった。

さらに真帆の記憶を消去することにより、真帆に関わる人達の記憶をも消し去った。今は亡き沙倖の遺志を受け継いで一致団結していたというのに、その努力を無きものにせんとする神の手。こんな理不尽な蛮行が許されるわけがない。最も悪いのは著者だが、あえてアスガルズに批判の矛先を向けると、アスガルズは天使の機関だと名乗っているが「悪魔は嘘つきである」という教訓を生かすならアスガルズはまごうことなきサタンの手先であると言わざるを得ない。

理不尽その二。生徒会の演劇部潰しについて。はっきり言って演劇部潰しに正当な理由なぞ微塵もなかった。体育館の舞台を演劇部が占領することでいったいどのような不都合があるというのか。無いでしょ。しっかりした理由付けができなかったのは当然筆者の責任だ。こんな納得のいかない展開を最後まで引きずって読ませられた読者に謝って欲しい。

他には神門が比類無きくだらない人物だとか、部長もくだらない人物だとか、永音がマジョリだとか、とにかくメインキャラに魅力が皆無な事実。そんなもうだめだーっな中でひとり輝いているのが夏樹だ。姉を心配し、時には助言をしてくれたりボケをかましてくれたりと非常によい子です。きっと登場する小説を間違えたに違いありません。夏樹だけはこのくだらない小説と一蓮托生してほしくないです。しかし現実は厳しいな。

4巻まですでに買ってあるけどもう読むの止め。こんなにお粗末な小説だとは残念です。2巻で軌道修正は可能だったのにそれをしなかった筆者には猛省してもらいたいです。
ネクラ少女は黒魔法で恋をする2

ネクラ少女は黒魔法で恋をする1

まだ1巻目だけどあまり面白くなかった。根暗という部分は最初の数ページだけであとはそうでもなく、もうこのタイトルで話し続けるのは無理があるんじゃないのと思えてしまう。2巻目以降どうなるんだろ。まぁシャナのように最初の方は面白くなくても後でブレイクすることもあるし、残り3巻耐えていこうか。

真帆が自分を可愛くしてって願い、次の日学校での反応が温かったので1つの疑いを抱きました。ってか初っ端から物語の核心に気づいてしまったというか、むしろここで筆者は気づいて欲しかったのかな。真帆に対するみんなの反応や真帆自身の態度、さらに写真は見るな辺りで外見は根本的には変わっていないと察しがついた。そこから契約そのものが疑わしくなった。

伊丹書店のおじ様は何か怪しいような?黒魔法の本を置いているだけでも怪しいが、悪魔が寄りつかないというのも怪しい。悪魔は嘘つきであると助言してくれたし、最後は「諦めろ。悪魔よ、お前の負けだ」ときたもんだ。多分あのセリフはおじ様だと思う。天使だとするならあの書店で何やってんだろうね。

中学生にしてすでに彼氏持ちの夏樹が真帆にいろいろと男と女の話をふって、真帆が毒気づいていたのが可愛らしかった。夏樹にはこれからもっとそういう突っ込みで真帆を困らせて欲しい。

あ~、書くことないな。
ネクラ少女は黒魔法で恋をする1