カテゴリー別アーカイブ: ベルガリアードシリーズ

マロリオン物語3 異形の道化師

ベルガラスはザンドラマスの書き置きに「ノロマwww」って書いてあって激怒してたけど、そう言われても仕方がないくらいに無駄な時間をザカーズの豪邸で過ごしたよね。たしか3ヶ月ほど居たっけ。しかもこの豪邸から抜け出す方法に『誰も知らない秘密のルート』を使ったことにはご都合すぎて呆れた。もう何度目なんだこれ。

エリオンドがさっぱり空気になってしまったなぁ。不思議ちゃんとして今後出番はあるんだろうけど。
マロリオン物語3 異形の道化師
rating

マロリオン物語2 砂漠の狂王

シラディスが裏切ったって、どうせ茶番だろ。預言書のとおりに動いているんだし問題ない。ウルギットもまだ合流してないことだしなぁ。それよりもカル=ザカーズがポルガラの夫であるダーニクをどう処遇するのか楽しみだ。そういやトラクもポルガラが俺の嫁だっけ?モテモテだな。

グロリムのアガチャクの審問は結構面白かった。今までグロリムはこてこての敵として描かれていたけど、グロリムによる男女のいざこざで人間らしさが感じられた。ここで終わればアガチャクはいいキャラで終わったのに、ガリオン達に殺害の追っ手を放ったのは完全に蛇足だった。

王の命によりマーゴ人の船乗りが協力してくれたけど、いろいろ学習した船長は船から転落死、そして船員は反乱ともうめちゃくちゃ。せめて船長はこの経験を糧にしてマーゴ人の大航海時代を切り開く存在になって欲しかった。途中まではそうなると思っていたのに、これは酷い扱い。

これはゾンビですか?はい死体喰いです。ファミコンのやり過ぎだ。
マロリオン物語2 砂漠の狂王
rating

マロリオン物語1 西方の大君主

光陣営はトラクとザンドラマス両方に勝つ必要があるのに対して、闇陣営はトラクかザンドラマスのどちらかが勝てば勝利条件ってのは不公平だな。でも光陣営にはエランドというジョーカーがいるし少しは有利な要素が無くもない。

今回一番可哀想だったのは熊神教だった。今まで細々と信仰を続けていたのにグロリムに扇動されて西方諸国の敵になってしまった。こういう火付け役がグロリムは得意だな。あとポレンの将軍が熊神教徒だったというのはちょっと強引すぎないか。ポレン自身も元熊神教徒ではあるが・・・。

この旅で光陣営から誰か一人死ぬそうな。主要人物はこれまで誰も死ななかったし、少しくらいはよいよね。で、予想してみると、ベルガラスあたりが死にそうじゃないかな。立ち位置をガリオンと交代だ。
マロリオン物語1 西方の大君主
rating

ベルガリアード物語5 勝負の終わり

最後まで予言が付いて回る物語だった。剣術なんて知りもしないガリオンがどうやってトラクに勝つのかと不安だったが、勝敗の分岐点はポルガラの愛とはね。その愛がどこまで本物なのかをアルダーが問うたが、その問はポルガラにとって公開処刑だったのにはちょっと笑ってしまった。「(ダーニクを)好き好き大好き愛してる!(←詠唱呪文)」みたいな。それと展開的に一番良かったのは魔術師としてのポルガラの力を奪うところ。実はまだ使えるんじゃないのとこちらとしては思っていたけど、力が残った理由にまでは推測が及ばなかった。

神の話ばっかりになるがマラゴー神の「DA・ME・DA!」には笑った。空気読めと言わざるをえないが、何千年も悲しみに明け暮れるマラゴー神の主張にも一理あった。しかしこんなシリアスな場面で笑いを取るとはやるもんだね。

マロリー皇帝ザカーズは狂人ということだがあまり憎めなかった。ザカーズは対等な勢力の敵がいたら戦いたいっていう人であって、無闇に他国を侵略する性格ではない気がする。意外にも西諸国と戦う気は全然なかったわけだしね。むしろ自称正義の西が攻めてきた。今回の戦争ではラン・ボルーンを仲介にしてザカーズと協定結んでトラクだけ殺るという道もあったかもしれないね。まぁトラクが死んだ今、リヴァに勝てる国は皆無だろうけど。

予言にはまだ続きがあるって言ってたね。次は「マロリオン物語 」になるそうだけど、そのまま続編になるのかな。あと二冊足りないからまだ読み進めることはできないが、ベルガリオン無双を期待していよう。
ベルガリアード物語5 勝負の終わり
rating

ベルガリアード物語4 魔術師の城塞

物語も佳境に入ってようやく面白くなってきた。人的損害を最小限にするためにガリオンはトラク暗殺へ、そして全軍は陽動作戦へ。たくさんの登場人物全てが最後の戦いへ動き出してついに盛り上がってきた。

しかし戦争の人数差がえらいことになったな。正義軍はせいぜい200万人なのに蛮族軍は400万人とな。やはり金の産出国だから豊かで人口も多くなるということか。セ・ネドラが徴兵に苦心していたが、トルネドラ軍への説得に敵国には金貨がいっぱいあるから奪えばいいじゃんと言ったのはとても説得力があった。戦の趨勢はトルネドラ軍が握っているし、報賞もそれに比例するのは間違いない。セ・ネドラは報償に悲観的だったがそれは杞憂というものだ。

正義軍の王たちは現状を劣勢だと思い込んでいるようだね。だがちょっと待ってほしい。もしかして魔術師ポルガラ独りで敵400万人を倒せるのではないだろうか。リヴァの城で鬼神ポルガラが大暴れしたのを見てそう思わざるを得なかった。あとアルダーの弟子には他に三人いたから彼らも参戦すれば一人当たり100万人を相手にするだけでいい。しかも全部殺る必要もないし、ほんの数十万人くらいを雷で黒焦げにするだけで敵は怖気付き、味方は勢いづくことになる。

今巻の特筆すべきユーモアは二箇所。一つ目は失踪したベルガラス達をリヴァへ送り返せと命令された王妃が、逆にベルガラスから送り返すなと命令されたところ。涙目の王妃が可愛かった。二つ目は女王としての重責に気づいたセ・ネドラが、もうガリオンとは二度と口喧嘩をしないと誓ったけど、即座にポルガラに守れない誓いはするなと忠告されたところ。ツンデレ女王の精神的成長は著しいな。胸は残念だが。
ベルガリアード物語4 魔術師の城塞
rating

ベルガリアード物語3 竜神の高僧

正義側に神のアルダーだけでなくウルまで居るとなると、マーゴ側の悪のレッテル剥がしはちょっと容易じゃないな。しかも生贄二千人を次から次へと処理してしまったりで心象が最悪すぎる。でも意外なことにクトゥーチクはトラクを復活させるつもりはなかったわけで、利害の一致や駆け引きを持ってクトゥーチクを陣営に引き入れられたらよかったのになぁ。登場は酷かったレルグが改心できたように、マーゴ人にも奇跡はないのかね。

どこかにユーモアがこの作品の売りだとあった気がするが、レルグが風邪を治した件にはニヤリと笑わされた。岩を通り抜けると風邪が治るという斬新な治療法にポルガラが興味を示す一方で、この方法に不快感を表明するシルク。今度は是非ポルガラかベルガラスにこれを体験させてあげてほしい。

そういえば、ベルガラス達は不老不死ではあるが不死身ではないようだね。数千年間も必殺の致命傷を負わなかったというのは結構すごいことだな。
ベルガリアード物語3 竜神の高僧
rating

ベルガリアード物語2 蛇神の女王

勧善懲悪を掲げる自称正義の使者ベルガラスに真っ向から反論したラン・ボルーンに好感を抱かざるをえない。民族浄化によりマーゴ人を根絶やしにせんとするベルガラスを、対話と実力を背景に平和の実現を目指すトルネドラ皇帝がどこまで理想を追い求めることができるのか、今後に期待だな。まぁしかし、自称正義様に逆らうとは命知らずにもほどがある。

ガリオンの嫁セ・ネドラは短期間のうちに精神的に成長した。当初こそ傲慢なところがあったが、皆と旅をするようになって随分性格が丸くなった。しかもパパに似たのか格下のガリオン相手なら論破完了系の常識人に見える。ガリオンが自称正義のベルガラスやポルガラの色に染まりきらないように、セ・ネドラがしっかりと教育係を務めてほしい。

ベルガリオンの中のもう一人はいったい誰か。今はまだベルガリオンではないと本人が言ってたし、そのうち融合とかいう話になるのかな。ということは手のひらの輪っかに意思が宿っているとか。
ベルガリアード物語2 蛇神の女王
rating

ベルガリアード物語1 予言の守護者

1988年の作品で、まだ一巻目ということもあって普通のファンタジー小説だったとしか言いようがないが、特に印象的だったのは民族ごとに性格が決め打ちされていたこと。悪をせずにはおられないグロリム側に正義の欠片でもあればと期待したいけど、筆者は正義の執行者であるアメリカ人だしそれはないか。

野宿生活に嫌気がさしたポルガラが、支払いはベルガラス持ちでセレブ生活を満喫しようとしたのが面白かった。ドレスを新調してノリノリだったのにすぐに破綻して残念だったね。

ポルガラの短気さと過保護っぷりにはほとほと困ったものだが、ガリオンの無鉄砲さがそもそもの原因だからなぁ。ってかガリオンと敵スパイの遭遇率が異常すぎる。そりゃ目の前にスパイがいれば諜報ごっこもしたくなるか。
ベルガリアード物語1 予言の守護者
rating