カテゴリー別アーカイブ: 冴えない彼女の育てかた

冴えない彼女の育てかた7

楽しかった箱庭が崩壊してしまってウンザリさせられたが、詩羽や英梨々が男よりもクリエイターとしての成長を選択したのは遺憾たが正しい選択なのだろう。

まぁしかし、彼女たちの嫉妬なやり取りだけが楽しみの物語だというのに、真面目に成長な話をされても困るわ。『あとがき』で次の巻から元の作風に戻るとわざわざ宣言している辺り、ここ最近のシリアス具合は誰得だったな。誰も望んでいないシリアスだった。

ちょっと愛想が尽きたような気がしないでもないので、続きを読むのは保留としよう。
冴えない彼女の育てかた7
rating

冴えない彼女の育てかた6

英梨々の缶詰だけなら5段階評価で2だったけど、加藤恵の謀反で最低の1を付けざるをえないわ。まぁ英梨々が悪かったというよりも倫也がまたやらかしたってとこか。別に量産を業者に頼まなくても自力で出来るよね。DVD-Rに24時間の5日間フル稼働でPC2台も用意すれば1000枚を作ることは出来るだろうに。何勝手に諦めてるの?

次に加藤恵だ。英梨々の件や冬コミの諦めを相談してくれなかったと言っていたが、第四巻で加藤は詩羽に何を言われたのか覚えていないのか?詩羽たちに何の相談もなく加藤と倫也が勝手に決めてきた。二人だけが知っていた。これって何なの?と言われたよね。

そして今回はなぜ自分(加藤)に相談しなかったんだとキレたわけだ。結局は倫也と一番わかり合っているのが自分だと思っていたのにそれが違ったからキレたんだ。本当にくだらない展開だな。ついでに、次回作のヒロインは加藤恵じゃないだろうから居場所があるのかという意味でも疎外感を感じたかもな。
冴えない彼女の育てかた6
rating

冴えない彼女の育てかた5

冬コミで勝負だっ・・・て盛り上げてるところ悪いけど、勝負とか興味ないんだよね。そんなことより只々女の子たちのShitで騒いで欲しいんだ。それだけを期待しているんだ。変に場を荒らすあの兄妹はもう別に出てこなくてもいいくらいだ。

シナリオが出来てからこれはゲーム用ではないとか、倫也は鬼だな。小説向けだったとしてもそこから詩羽が調整出来ればよかったんだけどね。倫也が最初からその差異に気づいていれば時間はあったのになぁ。戦犯すぎるだろう。

倫也が三本目のルートのシナリオを書き上げたミラクルは触れないでおくとして、それよりも倫也と詩羽の共同ペンネームがニヤつくね。二人が結婚すれば詩羽はそういう名前になってしまうんだね。

瑠璃ルートと何とかルートで詩羽を選ぶかどうかに繋がるってのが非常に分かりにくい。読者的には加藤の解決編を読むまではサッパリ読みとくことが出来なかったんじゃないのか。この部分はリテイクだろう。
冴えない彼女の育てかた5
rating

冴えない彼女の育てかた4

意外にも氷堂美智留ってライブが終わるまでは倫也のことをラブじゃなかったんだね。あれだけ悶々と誘惑してたからその気があるのかと思ってた。唯のライクには見えなかったわ。

今回もみんなShitで大忙しだったな。詩羽は美智留へは当然として、さらには倫也から気軽に相談される恵にも違和感を感じてしまったか。それに比べて英梨々はいつも帰る帰るで逃げだすのが癖になっててShitアピールが足りない。

倫也の恋愛対象的には詩羽と英梨々には畏怖を感じるから対象外になりそうだな。美智留はやはり親戚の壁があるから無いとして、そうなると正ヒロインはプロデューサー押しの大正義・加藤恵が最有力になるだろう。

アニメ化はここまでだね。次巻からは未知の世界だしドキドキだ。
冴えない彼女の育てかた4
rating

冴えない彼女の育てかた3

詩羽の嫉妬は可愛くてとてもいいんだけど、英梨々のそれは重くてウザくて面倒くさい。英梨々は攻撃的な女だから倫也には相応しくない。

波島出海の同人誌が絶賛されていたわけだが、シナリオは詩羽レベル、作画は英梨々に迫るってんだから英梨々はどう転んでも勝てないよね。特にシナリオ制作力はいかんともしがたい。まぁ一般向けと大人向けで比べるのもおかしな話だが。

今巻で一番印象に残った場面は、加藤恵が倫也の彼女と間違えられたのに否定しなかったところ。嬉しそうに「どうなんだろうね?」って感じかな。ういやつめ。
冴えない彼女の育てかた3
rating

冴えない彼女の育てかた2

ページが少ないし文字も少ないから読み終わるのが早いな。今巻の見どころはヒロイン加藤恵に忍び寄る男の影に倫也がShitする場面だね。倫也には何人も女がいるのに恵には男がいてはいけないという不条理。これは全面的に倫也が正しい。恵にはまだヒロインとしての自覚が足りないね。猛省を促したい。

ヒロイン加藤恵のことをプロデューサーが勝手に連れてきたゴリ押しヒロインと揶揄していたのは笑った。倫也を昔から知っている女の子たちにとっては愚痴りたくもなるわな。でもそのShitすら詩羽の魅力を輝かせていてさらに好きになった。

素直じゃないツンツン英梨々はこの戦いに勝てる気がしない。
冴えない彼女の育てかた2
rating

冴えない彼女の育てかた1

冴えカノのアニメが素晴らしかったので原作も読んでみたかった。アニメから原作への流れは化物語以来だね。ちなみにお兄様(劣等生)も読んでみたい。兄妹の関係が気になる。

まぁそれはいいとして、冴えカノの原作は期待していたほど面白くはなかった。会話がやたら多いから言葉の重みがあまりないように思う。まさにライトな小説って感じだ。すぐ慣れるだろうけど。

加藤恵は冴えない子ってことになってるけど、派手じゃないだけで今のままで十分魅力的だよね。何か特技がないと冴えないって言われ続けるのだろうか。

ラストでヒロインを演じた加藤恵が下の名前で呼ばれて慌ててたけど、あれは霞ヶ丘詩羽のシナリオには無かった展開だったのかな。ああいう感じで女の子たちを翻弄してドキドキさせる安芸倫也に成長して行って欲しいものだ。
冴えない彼女の育てかた1
rating