カテゴリー別アーカイブ: 暗闇にヤギを探して

暗闇にヤギを探して3

おまっ、終わるの早過ぎだろ。千歳と風子で恋のシーソーゲームがこれから楽しめるってのに最終回かよ。もっとキャラクターで遊ぶ余裕が欲しかったねぇ。

今回はずっと風子のターンってほど風子がいかに合人が大好きなのかが表されていたね。夢の中では合人が攻めで風子は受けか。気持ちに気づいてくれない合人に積極性を求めていたのかな。

合人が千歳からの告白について風子に相談するのは酷かった。いつまでたっても異性として見てくれないとは・・・。ぶち切れた風子がストレートに告白してしまったのは驚いたがまっすぐでよかったよ。

大上と風子が公園へ消えて合人は風子の存在の大きさに大切さにようやく気づいたようだけど、このケースは千歳に別の男が言い寄っても似た気持ちが出てきそうじゃないか?どうも絶対に風子が好きだと言い切るには力強さが足りない気がした。それでもひとりの女の子を選んだ合人と風子を祝福したい。

ここで2つ展開の不満点を指摘したい。まずは大上が女装していた件。ひつじと大上を同一人物にする必要なんてあったのかと。たしかに読者を驚かせることには成功しただろうが、そうするべき必然性がなかったように思う。別に別人で良かったじゃないか。その場合はまた少ない登場人物で三角関係かよと思うがな。

もう1つは記憶喪失の件。残り100ページなのにここで記憶喪失にさせるのかと。風子への告白でGooD Endでいいじゃないか。無理に捻りすぎだったと思う。それに告白する順番が気に入らない。風子の後に千歳じゃなく、先に千歳に風子が好きなんだと言ってから風子に告白しろと。退路を残しておくなんて潔くない。

事故後に風子が合人から身を退いたのはやはり責任を感じたからかな。記憶喪失にさせてしまって合人の16年間の記憶を奪い、合人に想いを寄せる千歳への記憶を消し、合人の友達への記憶も消してしまった。大好きな合人をこんな目に遭わせてしまった自分を許せないかもしれんね。だから風子は合人に千歳と付き合うようにけしかけたんだと思う。そして自分は合人の前から消える、と。辛いな。

千歳が普通の食事が出来るようになるってのは合人と風子が付き合い出すときの必須条件なんだよね。そうじゃないと千歳がいつになっても自立できなくなってしまう。とはいえ、千歳がこれからは合人をあまり必要にしてくれなくなるのは寂しいねぇ。友達なんていう関係は存在できるんだろうか。

アメリカへ風子を迎えに行った合人だけど、なんとなくだが千歳が合人は風子を愛してるんだよって言ったから風子のところへ行ったような気がしないでもない。記憶を失った合人がどこまでその気持ちと向き合えるのかは怪しい気がするなぁ。やはり記憶喪失中に愛を語るのは無理があったと思う。でもまっ、過ぎたことは仕方がない。幼なじみと両思いという理想郷でふたりいつまでも幸せでいて欲しい。

ぁ~、筆者にはエピローグをもう少し書いて欲しいなぁ。両思いでエンディングを迎えて何か二人の会話を聞いてみたい。余韻って大事だと思うよ。
暗闇にヤギを探して3

暗闇にヤギを探して2

新キャラ羽生まひるが登場して早くも女3人による合人争奪戦に突入してしまった。3人かぁ。このゆったりとした物語に女3人は多いような気がするが煮え切らない千歳と風子を煽る意味ではいいキャラだった。浜がまひるを好いてることだし今後はまひるは戦線離脱かなぁ?

千歳叔父が「姑息」という言葉の正しい意味を教えてくれたが僕も間違っていて驚いた。卑怯って意味含まれてないんだ。こういう事について書くと長くなるので割愛するが、新しく意味を追加すればいいのに。

生徒会室で合人が千歳の胸を揉みしだいたのはグッジョブだった。当然に起こりうるイベントだったなw フラグが目に見えたw 千歳からすれば、計算通り!(ニヤリ)ってとこか?w ライバルの風子にたしかなアドバンテージを得たな。

整頓中に見つけた写真と唐辛子の種は物語の展開に微妙すぎる影響しか与えていなかった気がする。まぁちょっとした道標を示してくれたってとこかな。もっと重要なものだと思っていただけに肩すかしをくらった。

羽生まひるのちょっかいから千歳がヤキモチを焼くのはお約束だがいいね。自分だけの合人だったのに誰にでも優しい合人の性格が新たな女の子を呼んでしまったw 風子の方は合人のいつもの例え話で素早く「また女?」って反応早すwww 好きな相手から女の相談を持ちかけられるだなんて風子は損な役回りだなぁ。しかも今回は「誰かを好きになったことある?」って合人から質問されて顔真っ赤にしながら答えてるのがとっても可愛らしかった。恋に鈍感な合人には全く裏が無くて風子がっかりだったけどねw

合人がまひるにキスしそうなところで風子から電話かかってきたけどあれはどう見ても怪しいなw 合人に盗聴器でも仕込まれてるんじゃないのかw まぁ偶然ってことなんだろうけど女の毒牙から合人を守ろうとする風子おそろしすw

生徒会室での女3人大集合頂上決戦は面白かった。勢いで攻めるまひるに対して風子は論理的な思考で攻めてるんだよな。千歳は意外にもおとなしかった。風子は合人のことを何でも知っている例としてエロ本の隠し場所まで把握してると言ってたが、そんなの探しちゃらめえぇぇwww

ぶっちゃけ羽生まひるの愛は信用に欠けるかなと思った。なんと言っても愛の根拠がまひるのミラクル能力に影響されない人でその人に興味を抱いた程度って感じられた。まぁ厄介な能力があるから真実の愛を探しにくいという不幸はあるかもしれんね。

まだ合人の心の整理はついていないけど、ちょっと抜け駆け的に千歳が合人に告白しちゃった。すごく静かで綺麗な告白だった。合人のことだから返答に窮するだろうけど、これは風子もうかうかしてられないな。幼なじみでお隣さんというあまりに近い関係が逆に障害になって気持ちを伝えることが怖いだろうけど、ライバルの千歳はもう踏み出したし風子にも頑張って貰いたい。

ところで展開早いなぁ。現在のとこ3巻まで出てるけど5巻くらいで終わるとかないよね・・・。
暗闇にヤギを探して2

暗闇にヤギを探して1

これはいいものだ。主人公が聡明で自分の意志をしっかり持っているところに好感をもてた。近頃の男の主人公は頼りなく軟派な馬鹿者が非常に多くて困る。例えば小山田耕太(かのこん)・式森和樹(まぶらほ)・綾瀬裕人(乃木坂春香の秘密)がそれに該当するが、やはり男には意志の強いところが欲しいし他人から頼られるほどの度量というか人柄を併せ持って欲しい。草加合人にひとつ物足りないものがあるとすれば顔だな。大人しくかわいい系ならキミキスの主人公のような顔であって欲しかった。

ノートを食べられたからヤギなのかぁ。不思議な話で何が起こっているのか知りたくなってすぐストーリーに引き込まれた。表紙に本当にヤギが描かれてるし普通とは違うヤギと飼い主の仕業かと思った。

風子の着ぐるみはいったい・・・。何か理由があるんだろうけど今巻では語られずか。次に期待。

ノートを美味しいと言ってくれたことに対してお礼の気持ちを手紙に書くとか思いもよらない合人の行動に少し驚かされた。予想外なことって自分の想像を超えてるってことでもあるしそういうの好きだな。んで数学のYや生物のドリアという連想が出てくる発想力にも痺れた。

提出期限切れの交渉をA定食1つで引き受けるのは安すぎと思ったが、僕は何て心が狭いんだと思わされたね。友達のたっての願いに足元を見るのかと。で、交渉の方は劣勢を巧みな話術で挽回するという合人の機転に賞賛を送りたい。こういう頭の良い男は好きだなぁ。他には例えば坂井悠二(灼眼のシャナ)のような。この時点では千歳がヤギの飼い主かとも思ったが。

書類を学校に忘れるのはいいとしてもそれを取りに行かなければならない必然性はなかったように思う。何も明日朝一で提出と約束したわけじゃなし、放課後までに書けばいいじゃない。

千歳の家に初お呼ばれで風子がご機嫌斜めになったのはかわゆいw ツンツンキャラだから素直になれないまま現在に至るってかんじか。風子の気持ちを察しろというのはちょっと無理があるけど、合人もこと恋においては鈍感属性があるからなぁ。

千歳がノートを食べた口止め料に自らの身体を差し出すとか素晴らしい展開だね!「男の子ってこういうこと好きなんでしょう」(*ノノ)大好きです!この超甘い誘いを鋼鉄の自制心でもって耐えた合人は漢の対応だったと思う。でも心の中では激しく二択で葛藤してたのは笑ったw その二択が「1. 先輩を押し倒す 2. 先輩を受け入れる」だもんなwww それは当然の反応だ。恥じることはない。

合人姉の楓はなんでも恋愛に結びつける思考がおもろいね。その煽りを受けるのが風子で千歳と合人の進展に苛立つだけというのがかわいそす。

千歳の叔父の話し方に合人は反発してたがそれはどうだろうね。千歳を心配せずに自分の立場を守ろうとしてるだけと思っているようだが、それは噛みつきすぎだと感じた。本当の狙いがどこにあろうとも叔父が千歳パパに向けた言葉は客観的な正論だったと思うし、千歳と仲が良い合人を使って現状を打破しようとするのは当然だろう。

最後はよくわからないうちに丸く収まってしまった。合人の中で結論が構築されて千歳はそれをすんなりと受け入れて終わるという、意外とあっけない幕切れだった。まぁ問答が長々と続くよりはいいか。いやそれにしても後日談無しかYO!もう少し何かないのかYO!ってところで続巻に期待。

んー、夢が融合したり猫が導いてくれたりのちょっと不思議なストーリーがKANONを連想させるかな。ギャルゲーみたいな。乃木坂でも似たこと言ってしまったけど同じギャルゲーみたいでもシナリオの巧さや厚みが天と地だな。
暗闇にヤギを探して1