カテゴリー別アーカイブ: 終わりのクロニクル

終わりのクロニクル7

1080ページ読み終わった。ぶっちゃけると戦闘ばっっっかりの終わりのクロニクルなんて面白くなかった。戦闘はもうただ長いだけ。だるいだるい。最後数百ページは苦痛で読む気がなかなか起きなくて読み終わらないクロニクル状態。

佐山と敵が今更話し合うこともないってのが物足りなかった。佐山が命刻に何か言っても全然聞く耳持たないんだもんなぁ。交渉だけが佐山の見せ場なのにそれが実現できないんじゃ面白さ半減どころじゃないっての。

戦線離脱していた美影の巨乳進化には全世界が歓喜するほどの吉報だった。よせてあげるちょっと大胆な美影も可愛いなぁ。美影と飛場がイチャつくときまって外野が殺意を抱くお約束も健在で、こういう肩の力を抜いた話で終わらせたらよかったんだがな。

竜美が飛場パパを殺したということを飛場が否定した理由には頷かされた。

僕の父さんが選んだ結果を、美樹義姉さんが奪うのは無しですよ!!

なにげに飛場は真理を言うし尚かつ防御の極みを会得し戦闘力最強でかっこよすぎ。それに引き替え原川と出雲は魅力に欠けまくり。

大城全部長の活躍が皆無だったのは僕の期待のし過ぎなのだろうか。爆心地から八号が迎えに来てくれてその後の会議で全部長たりえるリーダーシップを見せてくれると思ってたんだが・・・。大城至が命を懸けてリヴァイアサンを迎え撃ったというのに。

詩乃は別の手段で生き返ったりするのかなぁと思ってたけど、そこは厳しく蘇生は無かった。別タイトル「世界平和は一家団欒のあとに」でも蘇生の話あったけどやはり実際問題として死者を生き返らせたら駄目なのね。佐山が言うんだから間違いない。でも詩乃の帰りを田宮家が待ってたしもう一度チャンスをあげて欲しかった。ノアのようにタイムトラベルで。

命刻の大暴走のせいで死者でまくりだったのは酷いものだった。あまりに死んでいくもんだからこのまま不死概念が誕生してもいいかもしれないとも思った。死者数万人の恨みを背負い命刻は生きていけるのかね。

「新しい世界をお願い」の真意が、新しい世界を作るではなく新しい世界を任せるという意味だったと滅ぶ直前のノアは気づいたが、オイッ!って突っ込まずにはいられないwww 壮大なボケとツッコミで死者数万人www ってか佐山ちゃんと突っ込めYO!!! ここ交渉するとこだろ!!!
終わりのクロニクル7

終わりのクロニクル6下

全竜交渉会議は概ね面白いものだった。っとその前に、思考を纏める時間が足りないと佐山が焦っていたけど、あの襲撃から一ヶ月半もの間何してたんだと。佐山的にありえない。

1st-Gの、居留地から外へ出たいという要求はとても厳しいものだね。賢石を使って今をしのいでも50年後くらいにはその処置をせずに全世界は異形の者と向き合わないといけないんだもんね。まぁ、異世界人が現れても驚きはすれどもあまり混乱はしないかも?映画や本でありえない世界を小さな頃から触れていることだしね。

2nd-Gの、世界がまた滅びそうになったらどうするつもりだ発言はお粗末なものだった。どうしようもないねとしか言いようがない。

3rd-Gはギュエスの対屁理屈姿勢が笑ったw ギュエスとは仲良く味方なのかとも思ってたしまさかここまで佐山を恐れていたとはw

4th-Gは単純なようでいて思考が面倒だねぇ。説得の過程での「だましたの?」発言は、4th-Gから全幅の信頼を得ていただけに身に付き刺さる。それでいて可愛い。一歩身を引くところとかね!

5th-Gはギャグ担当ですか。エロ面白くてそれはそれでよかったんだけど、でももう少し真面目にやってほしかったなぁとも思う。

6th-Gなんて潔いほどに内容何も無しw 7th-Gはもはや生き残りがいない中で飛場は頑張ったな。しかし四老人の意見を代弁して飽きない世界にってのはぶっちゃけ無理だよね。特に四老人が求めていたのは極限の中のものだったしなぁ。

8th-Gと9th-Gと10th-Gは特になにも。

さぁ問題のTop-Gだが、佐山達の主張でLow-Gを守る為とはいえTop-Gはマイナス概念の作成に失敗し自滅して滅んだことが証明されたというのに、Top-Gが自ら退かないというのはおかしいだろう?もはやTop-GにはLow-Gを糾弾する正当な理由なんぞありはしないのだから。むしろ全世界を窮地に追い込んだ現在のTop-Gこそが糾弾されてしかるべきだ。

その立場から思うに、投票の結果もありえない。嘘で塗り固めていたTop-Gを支持する者がいるだなんて!なんというご都合!まぁ感情では受け入れがたいものがあるが、”軍”に一時助けられたことを理由にTop-Gへ票を入れた者以外のTop-G支持者の意見には一理あった。特に7th-Gの統治する組織を望んだわけではないという主張はもっともだった。同時に飛場の理解力にも驚かされた。

無血の全竜交渉会議が引き分けで終わり、さぁどうするのかと思ったら・・・、決闘だ!って何それ。どちらが盟主になるのかという意味合い以外に何もないよね。そんなことに概念核を持ち出すなんて馬鹿げてる。こんな私闘で決着つけるだなんて興ざめもいいとこだ。

出雲v.s.老主任で引き分けとは脱力させられる。かつて1st-Gの概念下で出雲は鬼神と化してたし期待していただけにがっかりだ。

H.ヒオv.s.竜美でテュポーンが上から落ちてくることに気づかないって失笑ものの展開だった。ここギャグですよね?w

風見v.s.アレックスは引き分けだっけ。MAX速度がやばいアレックスに風見が付き合ってたのはどうかと。どうせ速度比べするなら風見はアレックスの近くを飛ぶべきだと思う。そうすればアレックスは小回りがきかないのでMAXが出せない。それと第三形態の必殺ラグナロクはやらないのか。(技の名前あやふや)

飛場v.s.ハジは絶望的な戦いだったけど、ハジが温情で負けてくれたか・・・。

佐山v.s.命刻は、不死の命刻を倒す作戦がきっとあると思ってたら関節をきめるやり方と失神させる方法で止めることが出来るとは!なんてアナログな作戦なのかと。あぁ全く気づかなかったよ。
終わりのクロニクル6下

終わりのクロニクル6上

“軍”の襲撃から一ヶ月半も経過したというのに、世界滅亡まであと五日だというのに、未だに各Gが纏まっていないってのはある意味凄い。しかも各国UCATにおいても主導権争いが起こってしまうとは何とも情けない。

日米独UCATへの糾弾大会で大城が世界大戦上等という方向へ導いてしまったのには失望した。道理を通そうとするだけでは抗日餃子の中国には通用してないじゃん。UCATのトップならちゃんと交渉してみせろと。

ブレンヒルトv.s.風見はどちらも本気を出さずじまいで終わったがまぁそれはいいとして、真の戦場は銭湯だった!一巻下の表紙で起伏のないブレンヒルトの肢体を見てもしかしてツルペタ?と思わないでもなかったが、それが今巻の挿絵で取り繕いようのない事実だと判明。ここは是非UCAT開発部の技術力を持ってブレンヒルトに希望を授けてあげて欲しい。そう、たわわに。

飛場が竜美に完膚無きまでにボコられたのは痛々しかった。自分は弱いと自覚しそれでも敵に立ち向かうことで成長していくのは風見が通った道と同じだね。竜美がとどめを刺さなかったのはその価値すらないのではなく、もっと強くなれという愛のムチだと思いたい。あと熱田だがやっぱ強さの設定がおかしい。そこまで強くはなかったはず。

美影は進化の賢石が砕けて戦線離脱だが最終決戦に間に合うのか?もうこうなったら命刻の賢石を引きちぎって美影に移植するしかないな。

あぁ、感想に時間かかったわりには書くこと全然無いや。
終わりのクロニクル6上

終わりのクロニクル5下

“軍”が自らの正義をここに至るまで伝えてこなかった理由が判明!ってかちゃんとした理由が存在したことに驚いた。筆者すげー。UCATを後悔させるためとはいえその代償として”軍”は死ななければならず、それを厭わないほどの憎しみは狂気じみていた。

七つの大罪の発端はLow-Gが存在したことから始まったらしいが、そもそもTop-GなんてもんがあるからLow-Gが誕生したんじゃないか。Top-Gは責任を取るべきだ。今巻はハジだけが主張してたけどどうせLow-GにもTop-Gを滅ぼさざるを得なかった正当な理由が後になって判明するんだろうな。そういや地球誕生から46億年経過してなぜ今ギア間のバランスが崩れたのか。

佐山がBF6に辿り着く手前でUCAT戦闘員を鼓舞した場面は鳥肌がたった。自分等は間違いつつも正しくなっていくと!己の正義を信じられないと戦えないもんね。

AHEAD! AHEAD! GO AHEAD!

四老人との戦闘で敵が持つ固有概念を逆手にとって利用できたのは佐山だけだったね。あと辛うじてチーム・美影も含まれるかな?佐山がわざとフェイントを入れることで空中に止まったりするとか使い手の二順を上回る機転は素晴らしかった。

チーム・ヒオは三明に勝ちはしたがどうもご都合っぽく感じられた。そもそも三明の固有概念を攻略できてないのに勝利とかありえん。チーム・美影の方は立場入れ替えの概念が何度も発動して誰がどこにいるのかが把握できない内に四吉が倒されてしまったのは不満。新庄のエグジストは飛び道具だからか盛り上がりに欠けるね。

傷心中の風見を狙うとか一光厳しいな。でもそのお陰で風見は死ぬ間際に本来あるべき力の担い方を学べたんだが。

二度はない赦しを得た

たとえ敗れようとも怯えはしない意思を持てば、進化するガスプ2は力を貸し続けてくれるんだね。ヨルス戦では相手の概念を看破してみせたのは上出来だったが、攻撃を当てないように当てるっつう理屈がわからんw

最初の方で原川を襲った冤罪の固有概念には全米が笑ったw 高度に情報操作されたヒオの発言に流石の原川も為す術がないな。ヒオは喋らせるとすぐエロくなるけどそれを母親の前でするのはマジ勘弁w

僕らの熱田兄貴が久々に登場。命刻を圧倒するとはそんなに強かったっけ。っていうか命刻は努力してもあまり伸びない子だね。

ところで表紙の詩乃、この巻を読むまでは新キャラの登場かとおもた。誰だろうと思いつつ見てたら左上に犬がいたので、あぁ詩乃か。
終わりのクロニクル5下

終わりのクロニクル5上

佐山と新庄の過去を追う話は眠くて眠くてしょうがなかった。実際何度か落ちた。重要なのかもしれないけどぶっちゃけ興味ないんだよねぇ。そろそろUCAT本部の方がマジやばそうだし早く戻ってきて欲しいが、その前に四老人との勝負かな。

四老人の強さときたらどう見ても反則レベルの生体強化で、しかも固有概念装備で手がつけられん。概念の方で思うんだがなぜ敵だけが概念を装備してるん?いや、風見も光の何かの概念で空飛ぶとかあるがあれは自分の強化として使ってて、敵をその概念下に従わせるようなものって全竜交渉部隊に無いよね。挑んでくる敵は全員持ってるのになぜそんな必須アイテムを君達は持ってないんだ。これって戦う前からハンディ背負ってるみたいなもんだな。

四吉と素手で戦った飛場かっこよすぎ。攻撃をくらえばどれも致命傷になりかねない緊迫感の中、美影と一緒にお風呂に入ることに思いを馳せるだなんて!飛場のエロスはナチュラルにいつも突然だなw 戦闘の方は荒帝に乗り込むのを阻止されるという無粋な負け方だったが、次やる時も飛場のちょっとかっこいいとこ見てみたい。

四吉戦でのサンダーフェロウの呼び出し方はサイコーだったw ヒオに危機感がないと呼べないからヒオを素っ裸に剥いて悲鳴をあげさせるとはw 原川鬼畜w ところで四吉の固有概念が展開した状況下で四吉の腕が吹っ飛んだけど、どういうこと?理屈ではサンダーフェロウが傷を負ったからその真逆で四吉が負傷だよねぇ・・・。跳ね返した瞬間に概念を解くと考えれば四吉のダメージがわけわからない。

一光との戦闘で出雲が腕を失ったが再生不可能って現実は厳しいねぇ。何か神の力でなんとかならないのかな。同じ10th-G出身としてヨルスと戦うのって出雲かもしれないし、片腕だけでこれをどう乗り切るんだろうか。風見の方はぁ・・・どうでもいいけど、ちゃっちゃと復活しなさい。

巻頭から大城の扱いが目を覆わんばかりの酷さだった。特に八号とブレンヒルトは手加減ってもんを知らない。あまりの虐待ぶりにちょっと笑えなくなってきたよ。この積年の恨みで大城がUCATを裏切らないことを願う。八号ちょっと反省(しなさい)

あぁ、全竜交渉部隊が解散した理由を自分なりに考えるとも、さっぱりわかりませんでした。
終わりのクロニクル5上

終わりのクロニクル4下

戦闘力が加速度的に上昇しててドラゴンボール状態なのは気のせいなのかな。武神で大型戦力は極まったかと思ったらそれを大きく上回る機竜が最大戦力になってしまった。こうなるとチマチマと人間が戦うのが何か馬鹿らしくなるなぁ。”軍”の機竜アレックスも進化を繰り返したサンダーフェロウには勝てるはずもないし、実はアレックスすごく強いな展開も嫌だ。

“軍”の正当性が少し話されていたが小出し過ぎてまだ何とも言えんね。UCAT空白期に何かUCAT側に都合の悪いことが起こってそれを隠すUCATが悪っと現時点はこんなところか。しかし自らを正義というなら正義を押しつけずにまず話し合いで主張しろと。世界の終わりに突然正義!正義!正義!と鉄拳制裁して表舞台に登場するのは正義の味方のすることじゃないだろ。まぁこの展開は話を盛り上げるために仕方がない面もあるが。

4th-Gのムキチが挨拶してそれに新庄が反応できなかった時のムキチのリアクションが可愛かった。「もういちど いきます」

このムキチのノリがのり移ったようなIAIの自動販売機には笑わせてもらった。お金入れたら「もう かえさない」ってwww ガスプとかの武器のようなお茶目なことを言ってくれる。

待ってましたの米国UCATとの交渉は些細な言葉の取り方の違いで佐山が突破口を切り開いたのは流石。原川とヒオの所属問題も原川が日本側だからヒオも自動的に日本側になるとする論に、米国ロジャーが慌てて異議を唱えたのは単調な戦闘の中で一息つける場面だった。

原川とヒオが本当に恋人関係になるとはちょっと驚き。ヒオってすごく幼く見えるんだけど何歳だろ。体系的に中学生あたりか。それでいて天然のエッチな発言があって面白いキャラではある。そういや5th-Gの全権をヒオが持ったけど全竜交渉はするのかな。
終わりのクロニクル4下

終わりのクロニクル4上

メリケンの傲慢な態度には鶏冠にくるね!自分が中心になれなかったからって神の国日本を武力で攻撃してくるとは見下げたヤンキー共だ。ディアナが米国UCATの歓迎用に葬儀で迎えたのは実に正しい。お帰り願うときは棺桶も用意しておくのがいいだろうな。

黒陽を初めて風見達が見るときにそこに至までの風見の暴れっぷりが怖いw 重い出雲を飛行機から蹴り落としたり、武神を出させるために美影と飛場を飛び降ろさせたり。近頃の素行から風見は人としてどこかネジが緩んでいるとしか思えない。

佐山と4th-Gとの話し合いには驚かされた。彼等は「やくそく」としか言わないのにそこから60年前の約束の内容を推測し言い当てるという離れ業をしてみせた。こういう難易度の高い話し合いを佐山が軽くやってのけるのが爽快だね。

原川とヒオは少し遠い親戚かな?血筋はジェームズ・デイビスか。大丈夫、親戚は結婚できr(ry。ヒオが素っ裸で押し入れに隠れててお酒飲んで酔っぱらってそこから佐山達のいる外にでてきてくれたら超展開でさらに面白くなったんだけどなぁw 酔って身体が熱くなりすぎて「助けてですの~」と!そうなったら原川は弁解する暇もなく風見に消されてるだろうけど。

実働部のトップに八代竜王がいたとはちょっと実働を見直した。しかし最強はたった一人。壁が薄いなぁ。ところで熱田最近出番ないなw 秘密のままにしておきたかった秘密兵器熱田。あと3rd-Gが合流したしギュエスが戦ってくれるかと期待したけどいなかったね。配属どこだっけ。

オドーは黒陽との初戦では勝利したが進化し続ける黒陽に同じ技が二度通じるかな?なぜか上層部はオドーを前線に出さない方針のようだし、ご自慢の機竜が全滅してからやむを得ず再戦といったところか。
終わりのクロニクル4上

終わりのクロニクル3下

同情するなら妊娠してくれってくらい突然の子作りが始まってしまい、はわわわわわ。一体どうしてなぜいきなりこういう事態になってしまったのか訳が分からないまま受胎完了。まぁお二人が両思いならそれでいいんですけど・・・。とりあえずこの強引な展開には驚かされた。

大城一夫の変態コレクションを蹂躙するブレンヒルトはまるで女王様のような振る舞いだなw 睨む姿も見目麗しい。大城の今度の趣味は原点回帰のフィギュアになりそうだけど部屋に飾るものだからSFあたりに破壊されないか心配だw

今巻の最大の見所である全竜交渉は期待に違わぬ熱い交渉だった。3rd-G代表のギュエスは唯の戦闘馬鹿じゃなくしっかり未来を見据えて国益のために主張してたね。佐山も全く怯むことなく常に相手を上回るあたりは流石だった。

ギュエスが主人の罪を自動人形全員で負うと言ったときはそれでいいものなのかと少し疑問だったが、そうまでしてでも主人を守り通したいと想うこいつ等はなんて優しいんだ。縛られてはいない忠誠心を感じたよ。

嘘をつけない自動人形に嘘を言わせるってのも面白かった。嘘だと言いそうになるギュエスがクチを抑えてムームーしてるのが可愛いw それにしてもよく嘘をつかせずに嘘を言えるよう誘導したねぇ。佐山凄すぎ。

モイラと侍女小隊の出陣式には少し目頭が熱くなった。

しばらくお暇を頂きます

ばっか!家事専用メイドが完全武装したUCATと戦って無事で済むわけがないだろ!でもこの時ばかりは大城全部長がいてくれてホントよかったと思うよ。彼のお陰でUCAT実働部はメイドを心から愛する変態さんに生まれ変わったんだからね。手加減ありがとう。しかしモイラ達の重力加速レンズは強かった。あれ当たったらシャレにならない。んであの満面の笑みはかえって怖いけどいつでも笑顔を絶やさずにね。返事は、押忍!

アポルオンがこの戦いの全責任を取ると宣言したのは外国のUCATに聞こえてしまったかな?せっかく自動人形が責任を負うということで話が纏まったのにそれを帳消しにする発言はどうなのか。王としての責任はそれで果たされるだろうが・・・。

他バトルは概ね盛り上がりに欠けた。特に風見なんて何してるんだかわけわからん。出雲はヴィズィを第三段階に変形させることに成功したのは収穫だが、武器の出力競争で満足してるようじゃ命刻達に全然勝てないぞ。飛場は超高速な動きに磨きを掛けて今後の全竜交渉部隊のエースになりえる逸材だと確信する。

飛場竜徹の赤い目はレアの目を移植したってなんてこったい。
終わりのクロニクル3下

終わりのクロニクル3中

詩乃が激しく萌えキャラになってたw お持ち帰りぃ~。大城を筆頭にカメラオヤジが勢揃いしてたのは場に似合わぬ異様な光景だったがよく何十人もあれほどの変態が揃ったなw 謎の組織”軍”の貴重な情報源だったのに敵が美少女だから仕方がないで捕まえないとかw まぁ美少女を監禁しないだけある意味彼等も紳士なのかもしれない。。。。ないないw

どうでもいいとは思うけど開発部が戦闘の先陣を切る理由がわかった。開発部には警備班というものがあるらしい。多分読み返してみれば元々既出の情報だろう。UCATの実働部にはきっと警備班の熱田のような強者がいないだろうし適材適所的にこの配置はどうなのよ。

アイガイオンとの戦闘で「金属は生きている」概念強すぎ。水道管乱舞とかどう考えても勝てないわ。なんてったって地面に埋まってる水道管が全部出てきたもんね。そんなアイガイオンに勝ったのは負けたら話が進まないからに他ならないが、もう一つ納得いかないのが出雲・風見が3rd-Gの概念を全く利用せずに戦闘を終わらせたこと。

今までの戦闘では1st-Gでは防具に文字を刻んで強化、2nd-Gでは自分の名前とイメージで己を強化、そして3rd-Gでは金属をどう使って相手を倒すのかが見所となりそうなものを、そんなの全くなしとは。筆者がどうこうじゃなく出雲達の発想力と柔軟性が心配になる場面だった。やっぱ佐山いないとダメだな。

月読京が自動人形達に名前を与えていたのはなんとも2nd-Gの眷属らしい行動だね。しかもその名前に花を選ぶとはセンスがいい。あとはアイガイオンが選んだ中にトウモロコシとかが無いことを祈るばかりだが。日に日に存在感を増していく京は今後は3rd-G代表として全竜交渉すらしてしまうんじゃないかと期待してしまうw

鹿島と月読部長の掛け合いは面白いなぁw 鹿島がボケて部長が突っ込みになることが多いね。対艦ビーム搭載のウォッシュトイレに撮影機能が付いてないか確かめる奈津かわゆすぐるwww たしかに僕も気になることあるw 技術的には可能だろうし実際そういう細工されたトイレもあるんだろうなぁ。

中枢サーバーへのハックはまさか身内がするのかとも驚いたけど、その情報を読んでも記憶できないってプロテクトがかかってるのは凄い発想だった。

みじゅぎのカラーイラストで心躍らせていたのは言うまでもないが、本編ではあまり水着水着してなかったね。ちょっと残念。だが年増だとわかってはいてもディアナのナイスバディには注目せざるを得なかった。ナパーム燃料が格納されているらしい胸は目を見張るたわわ具合で(ゴクリ。
終わりのクロニクル3中

終わりのクロニクル3上

状況説明だけで丸々一冊費やしたなw なっげー。しかもまだ2つの穢れの内の1つが知らされただけじゃ?流石三巻目は上中下の三部作だけはある。

3rd-Gの誰が生き残ってるのかがイマイチわからんかった。アポルオンは人間で今も五体満足で、クロノスも生きているようだけどよくわからん。ゼウスは死んだのか。でも肉体は無くても冥府で生き続けるとか言ってた気がするし武神としてあり続けることもあるようでさらにややこしいなぁ。

3rd-Gが崩壊して60年が経つのに祖国復興を未だに諦めず、さらには美影を利用して子供を産ませようとは自動人形が考えそうな産む機械理論だな。人間なら60年も経てばもういいかって気にもなるが自動人形は思考が変化しなくて今でも狂信的。月読京も言ってたが話し合えよと。

一般人として育った月読京が3rd-Gと関わりを持ってしまったのは面白い展開だった。未知との遭遇だったのに全然慌てずに馴染んでしまったね。2nd-Gの二世として概念を展開するとかいう話にならんかな。

最後3rd-Gが強襲してきてなぜか開発部が臨戦態勢に移行したけど、鹿島がちょっとは活躍するのを希望。あの何でも切れる剣で戦おうぜ。開発部だけど。

神田研究所のメイド軍団と佐山の戦闘はありえなかった。9対1の白兵戦で勝てるわけがない。2nd-Gの歩法を使って勝つとかなら許容できるけど、ロボ相手に効かないかもしれんしなぁ。とりあえずロボの性能には失望を隠せないよ。これじゃぁSfもたいしたことないかな。

佐山の交渉が今回はちょっと多かったね。事前交渉の為の交渉というレベルですらない交渉だったけど。あと自動人形がテスタメントと言わないことからUCATを裏切っていると判断したのは鋭すぎ。

そういや赤い目を飛場の眷属が持ってるけどレアも赤い目だったっけ?偶然なんて無いよね。一体どういう繋がりがあるんだろ。

飛場が佐山と新庄をみてハードゲイと認識していたのは笑ったw まぁ飛場だけじゃなく全校生徒がそう思ってるようだけどね。「ややエロい飛場」って認識も男の子だし当然なんだけど、それを美影の前で言うかw ピュアな美影にエロとか卑猥なこと聞かせないでくれw
終わりのクロニクル3上