カテゴリー別アーカイブ: ハリー・ポッターシリーズ

ハリー・ポッターと死の秘宝

終わったー。期待していた展開にならなくてかなりウンザリさせられたがそれも第33章までだった。もうダメなのかと思わされたスネイプが、ついに無実が証明されてとても嬉しく思う。スネイプのリリーを想い続ける純粋さに驚かされると共に、どんなに危険であろうと影ながらリリーの子を守り続けたその勇気を称えたい。

今回は嫌なヤツが改心する話が3回ほどあったね。本命はやはりドラコか。ハリーの2度に渡る危機を救い、ヴォルデモートか騎士団かで揺れ動きつつもハリーを助けようとしたドラコ。他にはダドリーとクリーチャー。どれも反目してたけどようやく仲良くなれた。特に親戚にあたるダドリーとはもう会うことがないと言って別れたが、せっかく分かり合えたのだし関係の修復が出来ればいいね。

死の秘宝ではスニッチが衝撃的だった。開け方がさっぱりわからなかったしもう存在自体忘れそうになっていたが、まさか死ぬ運命のハリーを蘇らせるアイテムだったとは。しかし助かるかもしれないとはいえ、ちょっと殺されてみる度胸は相当なものだね。

ハリーが死んだというのにホグワーツのダンブルドア軍団が雄々しく吠えたのには目頭が熱くなった。もう一人の約束の子ネビル・ロングボトムがハリーの代わりに精神的柱になれた瞬間だったんじゃないかな。

その後の総員突撃とケンタウルスや屋敷しもべ妖精の援軍には心が燃え上がる熱いものだった。ここの展開は映画化で超期待したい場面だな。ゼロの使い魔的にいうならサイトが7万の敵軍に1人で立ち向かった時に流れたI SAY YESには泣かされたし、よくわからない出展ながら未来への咆哮で絶対に退けない戦いに挑むようなBGMでこの最後の戦いを盛り上げて欲しい。

ハーマイオニーとロンは長い間ハリーを支えてくれた得難い友だね。誰が欠けても今はなかっただろうしこの出会いの奇跡を祝福したい。

ハリー・ポッターと死の秘宝 ハリー・ポッターと死の秘宝

ダンブルドア

寝る前にちょこちょこっとハリポタを読み返してます。そこで気になる場面があるんです。謎のプリンス下巻のP414のところ。以下超絶ネタバレ。

ダンブルドア「それできみは、わしを罠にかけようとしたわけじゃの?」

ドラコ「僕たちは、『闇の印』を塔の上に出して、誰が殺されたのかを調べに、校長が急いでここに戻るようにしようと決めたんだ。そして、うまくいった!」

ダンブルドア「ふむ・・・・・そうかもしれぬし、そうでないかもしれぬ・・・・」

これダンブルドア変なこと言ってるよね。現にダンブルドアは急いでこの場所に来てるのに、来てるかもしれないし、来てないかもしれないだってぇ!?何この曖昧な言い方!これはやっぱりダンブルドア本体はこの場所には来てないんだぞということじゃないのか!?

しかしだ、僕ごときでさえ不審に思う台詞を他の人は誰も注目していないとはこれいかに・・・。やっぱ特に意味のない台詞ってことなのかなぁ(´・ω・`)ショボーン

「フルメタル・パニック! サイド・アームズ2 極北からの声」が七月の中旬に出るぞ!買わねばね。
灼眼のシャナっての小説もアニメも見たことないわけですが、なんか今更だけど人気あるそうじゃん?小説読んでみようかなぁどうしようかなぁ。

かつて面白いってはなしだったから「まぶらほ」を2冊買ったんだけど、一巻目の前半読んだだけであまりのくだらなさに放り出したよ。

ハリー・ポッターと謎のプリンス

つい最近、ハリポタ・不死鳥の騎士団と謎のプリンスを読み終えました。毎度ながらハリーの馬鹿さ加減は止まるところを知らず、不死鳥ではハリーのせいでシリウスが死に、謎のほうでは・・・何かあったっけなー。

謎ではスネイプが敵かどうかってのが見所でした。最後まで読み終えて、作者のひねくれ具合も勘案して、きっとスネイプは味方に違いないと思われます。なんと言ってもダンブルドアが信頼してるんだからそうに違いない。ダンブルドアは人の善なる心を信じずにはいられないと言われてましたが、そう一面的ではないとヴァルデモートの学園時代で示しています。ヴァルデモートはあらゆる人に好感を持たれてましたが、唯一ダンブルドアはそれが仮初めだと見抜いていました。故にスネイプが本当に悔恨の念を示していたかを、ダンブルドアなら見抜けていたはずです。ですから僕はダンブルドアを、スネイプを信じます。

ハグリッドがダンブルドアとスネイプの口論を聞いていた話がまだ解明されていませんね。スネイプが「もうやりたくない」とか何か言ってたと思いますが、二重スパイ行為を止めたいという話なのかな。こういう話をダンブルドアにするところもスネイプが騎士団派だという説を後押しする物だと思う。

「破れぬ誓い」を結ばざるおえなかったスネイプですが、多分これは約束を違えたら死ぬとかいう結末なんでしょうね。その違えたかどうかを何が判断するんでしょうか。魔法自体か、スネイプの主観か・・・。とにかく、ドラコの手助けをしなければならない、もしくは更にドラコの替りにダンブルドアを殺さなければならないと。

ダンブルドアは果たして本当に死んだのかどうかが問題ですね。忍法変わり身の術でも使ってない限り生きてはいないだろうけど、作者の性根は核酸分子のようにねじくれ曲がってるから何か策があったのかもしれないし、ただ本当に死んであとはハリーとスネイプの共同戦線に委ねられたのかもしれない。

呪文戦ですが閉心術と無言呪文は大前提として、なによりも大切なのは体術なのではないかと思う今日この頃。どんな一撃必殺の呪文でも当たらなければ意味がない。ダンブルドアや他の人も避けに避けて攻防してるよね。武装解除呪文だって基本呪文だろうけどボスにも効果があるわけで、要は避けられるのかどうかが最も大事だと思う。技術のないハリー達がどうやって戦っていけるのか不安でならないな・・・。

ところで、ドラコ=マルフォイ。不死鳥の騎士団の巻から僕は同情していたキャラでした。親が犯罪者ってどう思うよってかんじ。そう思うとドラコの境遇は非常に辛く、可哀想な位置づけでした。親が子供の目に付くとこで犯罪行為はしていなかっただろうし、親の過去の経歴は知りつつも今は違うという誇りもあったと思う。それなのに親はまた犯罪者側に荷担してしまった。子供としては裏切られた思いがあったかもしれないし、同時に愛する親を失いたくない、返せと強く思ってもおかしくはない。本当に可哀想なドラコ。全てが終わったら、ハリーとは時々いがみ合う仲でも、健全に生き続けて欲しい。

最終巻は本国でもまだ出ていないよね・・・。出たとしても翻訳にそうとう時間がかかり、発売はそこから1年後!これ時間かかりすぎやろ?これだけ注目されてる作品なんだから1年もかけるなよったく。
ハリー・ポッターと謎のプリンス