涼宮ハルヒの驚愕(前) 感想

前巻読んだのが6年前ということに驚愕。久しぶりのシリーズだけどまだ話が進んでなくて感想も何もないな。

しいてあげるなら朝倉涼子の復活に驚愕。てっきり滅んだとばかり思ってたが違ったのね。

再登場からフルスロットルでナイフを操る姿は相変わらずだったが、優等生な委員長な一面も演じて欲しかったなぁ。

今回は九曜にやたら喧嘩ふっかけてたけど、天蓋領域のデータを集める狙いがあったんだね。さすがは急進派の朝倉涼子さんです。

佐々木のコミュニケーション論にも驚愕。

情報統合思念体や天蓋領域な奴らが、知能のあるミジンコやゾウリムシとコミュニケーションを取れるかどうか。奴らからすれば人間はゾウリムシと同じかもしれんね。

地球はエイリアンの遊び場じゃないとキョンが言ったが、高次元生命体に鼻で笑われていたことからして、人間という生命体にほとんど価値を見出してはいなさそうだ。

ただハルヒだけは自立進化のなんとやらだが。
涼宮ハルヒの驚愕(前)
rating

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする