涼宮ハルヒの分裂 感想ネタバレ

読み終えて、難解な展開でわけわからなかった。で、タイトルが「分裂」かぁ。

話はアルファとベータに別れててこれが分裂なんかね。分裂したタイミングは2度目に佐々木と会った後か。

キョンがまた佐々木と会っていたことにストレスを感じたハルヒが平行世界を作っちゃったのかな。

そういやキョンが中学の頃に仲良かった女の子はいつかきっと作中にでてきて、ハルヒをヤキモキさせると思っていたけど、やっぱ出てきたねぇw

佐々木が神様発言は驚いた。そうくるか!作者の頭の中はいったいどうなってんだ。

地球にとってイイかどうかはともかくとして、感情的には今さら神の座を佐々木なんぞに奪われるのは嫌だな。

長門が過負荷状態にさせられたのはこれで2度目なわけだけど、長門ともあろう人が対抗策を練っていなかったのかな。

上巻にあたる「分裂」だけをとってみるとあまりの不可解さにあまり面白さがないけど、たぶん下巻にあたりそうな「驚愕」で大いに盛り上げてくれると期待。
涼宮ハルヒの分裂