新約 とある魔術の禁書目録4

今回の戦闘は色々とぶっ飛んでた。グレムリンの構成員が戦闘開始すぐに撃破されるという予想外の展開。そしてエグい戦術のマリアン=スリンゲナイヤーはもう滅茶苦茶の大暴れ。体を変形された人の挿絵がなくてホントよかった。上条さんなら助けられるのかなと思ってたら、オッレルス達の協力もあれば助かるようで一安心だ。

ところで住民をどこに避難させたのか種明かしがなかった。上条当麻か木原加群が何かしたんだろうけど、二人共何も有効打を持ってなさそうだから不思議だ。

木原シリーズなるものが出来ていたことは驚きだが、木原を名乗っているのに教師で復讐者でもある木原加群は意外にも魅力的な登場人物だった。敵同士の雲川鞠亜とマリアン=スリンゲナイヤーの両方から慕われていたというのも面白い。刺し違えた木原加群を魔神オティヌスが弄んでいるが、これに対してマリアンはどう動くのかな。

御坂美琴が心配してるだろうから早く帰ってあげて欲しいな。
新約 とある魔術の禁書目録4
rating


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。