レンタルマギカ3 魔法使い、集う! 感想ネタバレ

孤独だった黒羽に話し相手が出来たときの号泣はとても微笑ましかった。

もうずっと長い間誰にも気づいて貰えなくて寂しかったんだね。よかったよかった。亡くなったのは随分前だろうからイツキ達のお姉さん的なポジションだったら尚良かったが。

冬虫夏草のネクロマンサーは過去に百人も殺人を犯していたのに、協会が事態を把握していなかったのには呆れた。無能共め。

一方で肖像画の件では入札のランクを偽ってアストラルを殺りにくる大胆さも併せ持ってて難儀な存在だな。

しかも影崎はあえて重要な情報を隠すしこれはかなり腹黒い人物なのではなかろうか。こりゃ近いうちに協会とは抗争になりそうだ・・・。

ネクロマンサー戦の時に穂波が冗談っぽく特別給を要求したけど、その金額が月給三ヶ月分だったのは深遠なる意味があるに違いない。もちろん婚約指輪的な意味で。

アディリシアがイツキに会うために入札に競合してきたと告白するシーンにはちょっと驚かされた。アディリシアってこんなにも自分の心に素直な娘だったんだね。

イツキが妖精眼を使わなかったのはミカンの時だけだったが、これは穂波と猫屋敷の実力に多いに疑問を持たざるを得ない結果になった。

ミカンはどんなに苦しい状況でも死力を尽くしたというのに、他の奴らときたら本当に情けない。特に穂波はエースのはずなのに最も不甲斐なくてガッカリさせられた。
レンタルマギカ3 魔法使い、集う!