レンタルマギカ14 ありし日の魔法使い 感想ネタバレ

猫屋敷が憎しみの螺旋に陥るのかハラハラして見られて面白かった。自分はもういいから他人だけは救われて欲しいと心から想えた猫屋敷は、まさに今に至る猫屋敷蓮だった。

そんな想いに気づかせてくれたナジムは敵だったけど恩人でもあったね。ナジムには道に迷った猫屋敷を導いてくれたことに尽きせぬ感謝を送りたい。

隻蓮の心停止からのゾンビ化には度肝を抜かれた。どうせ助かるんでしょと思ってたら心停止だもんね。

しかも傀儡になるだなんて斜め上の展開だった。さらにはそんな隻蓮を返してやるからこの件から手を引けと取引を持ちかけてくるのも先が全く読めなくていい。

これって現在進行形のイツキ達の話より過去の方が面白いんじゃないの?w

一瞬の間だけ司が妖精眼を持っているんじゃないかと期待させといて実は理論武装だけとな?

一応マルチェッラに勝ったようにも見えるけど、でもそれは猫屋敷とユーダイクスが数的有利で畳みかけたから勝ったんでしょ。別に司が介入したから勝てたんだとは思えない。

それよりも司はこの一件で正統な魔法使いへの嫌悪感を益々募らせたのではないかな。マルチェッラ達は異端ではあっても仲間を助けようとした優しさが見られたからねぇ。

現在、オピオンのボスは伊庭司に代替わりしていたとか斜め上錐もみをさらに凌ぐ展開で司の再登場に期待したい。
レンタルマギカ14 ありし日の魔法使い