灼眼のシャナXIV 感想ネタバレ

うわ最悪な展開だな。金色の鍵はなんだったんだろうと最後まで違和感ありましたが、またベルペオルお約束の死んだら起動する宝具でした。あの糞婆絶対ブチ殺し!

零時迷子は巨大な紅世の王を顕現させる為に必要だったのかな?

まだ完全体じゃないっぽいけど、いつぞやのアシズみたく完全に顕現するには存在の力を大量消費するから、紅世の王レベルの存在の力を宿す悠二の力を消費して、この世に常に顕現する・・・って理屈は変か。

これは人を食わないことが前提のような悠二の使い方だねぇ。

壊刃を倒すべくヴィルヘルミナが悠二に状況を説明し、打開策を考えさせようとしたところは、悠二の力が認められている証拠で僕も嬉しかった。

でも探耽求究の時もそうだったけど、壊刃は絶対死んだはずだったのに悟られることなく瞬間移動して逃げていましたってのはあんまりじゃない?またかYO!!!ってかんじ。

二度あることは三度あるらしいぞ!!!あほんだらげ!!!

今度からの壊刃の倒し方は、壊刃の人型だけを封絶外の遠くに移動させて袋叩き乙。

悠二がフレイムヘイズ陣営からいなくなったということは、もう次の攻撃で終わりだな。仮装舞踏会に勝てるわけないじゃん。

現在の状況を知っているのは3人のフレイムヘイズだけだし、この3人を確実に殺しておけば仮装舞踏会についての情報は漏れない。

念のためにも3人の即殺は大命の為に必須。次回で灼眼のシャナはどうみても終了です。本当にありがとうございました。BAD END.
灼眼のシャナXIV