まぶらほ ゆうれいの巻・した 感想ネタバレ

度重なる夕菜の激怒は口調がちょっとキツイねw 和樹に向かって「はあ!?」とかそのキレ具合をもっと見てみたい。

そういや和樹と一番近くにいるのは夕菜なのに肉体的接触が最も多いのは玖里子で次に凜かな。

夕菜は体を張ったアピールが足りないからライバルに競り負けてるんかねぇ。胸も小さいし。

和樹が人間に戻るべきでない理由をあと欠片1瓶という一番不安定な時になるまで言わないでおいた合理的理由ってあるんか。

全身に痛みが走る状況で今更人間に戻ったら世界が危険にさらされるんだとか言われてももう後戻りできないじゃないか。

このタイミングをあえて選ぶとは流石は紫乃と言わざるを得ないな・・・。

記憶が消える消えないで夕菜はともかくとしても、凜と玖里子は和樹と逢ってからまだ間もないんだから思い出がリセットされても別段痛くないような。

特に凜なんて和樹を何度か殺そうとしたくらいだしその記憶が消えるだなんてまさに渡りに船。

和樹の魔法で世界が滅ぶという関係性はいつか説明してくれるんかな。栗丘舞穂が和樹専用っぽいしそこで説明があるか。

それにしてもクリクリクリクリクリクリと名前にクリが多い気がする。あの意味で非常に覚えやすくはあるが・・・。

伊庭かおりが図らずも栗丘舞穂を保護したけど、紅尉が「ゲームセンターで一番熱くなっている女の人がー」って言ってたんだし舞穂がゲームセンターに行く可能性は極めて高かった。

なんと言ってもエージェントが例のゲーム屋に先回りしていたくらいだしなぁ。つまるところ伊庭に頼らずとも舞穂を確保する手はあったわけだ。

伊庭ってあまり魔法使わないんだね。残弾の節約かな。敵も魔法使わないしあまり魔法の世界って感じがしないなぁ。
まぶらほ ゆうれいの巻・した