黄昏色の詠使い3 アマデウスの詩、謳え敗者の王 感想ネタバレ

場面があっちこっちに飛びまくって話がわかりにくいな。しかもイブマリーの話は3年も前のことか。

そんで襲撃者ミシュダルの最終目的は真精魔王ラスティハイト大復活と。さらに平行して不可視な何かがクルーエルを狙ってる!?

『獲物を前に舌なめずりは三流のすること』という偉人の言葉を敵との遭遇時に何度も叫ばざるを得なかった。

クルーエルがフェニックスを従えて急行したのに手を出さなかったのはまだいい。殺るという心の準備が出来ていなかっただろうからね。

しかしエイダは立場が違う。ジルシュヴェッサーとして、謎に包まれた灰色名詠が繰り出される前に速やかに敵を排除すべきだった。

父クラウスなら無言・無音で敵の四肢を切断し無力化していただろうに。まだまだエイダは未熟だな。

クルーエルの覚醒が教師陣の知るところとなったのはニヤニヤが止まらなかった。学園長からのちょっとした試験も難なくこなすとかカッケー。

でもこと戦闘となると経験の無さがもろに出てほとんど何も出来ないのは変わらずだね。誰か師匠になってくれないんかな。

アーマがどんな奴だったか全然覚えてないけど、クルーエルがアーマに叱責を飛ばしてるのが何か面白かったし早いとこ再召喚されて欲しい。

まぁアーマが側にいたらクルーエルとネイトは気軽におやすみのキスが出来なさそうではあるが・・・。
黄昏色の詠使い3 アマデウスの詩、謳え敗者の王