鋼殻のレギオス15 ネクスト・ブルーム 感想ネタバレ

レイフォンの自分探しの旅はいつになっても終らんねぇ。

もう勘弁してもらいたいが、クラリーベルが天剣並みの実力をつける過程とセットでこの第3部こそはレイフォン開眼の章になってもらいたい。

しかしまた話が長くなりそうだなぁ。さらにあと20巻は続くんじゃ?w

クラリーベルの乙女アピールが可愛らしかった。レイフォンを前にして押し倒してくれる人が好みですって宣言する大胆さと、暗に待ってますと言わんばかりの恋の罠がよいね。

前巻まではレイフォンLOVEと自分で気づいてないようだったけど、ずっと傍にいられるようになって乙女回路が発動しちゃったのかな。

カリアン・ロスが意外にも面白いポジションに立ったな。卒業でもう退場かと思いきや、レヴァンティンの計画を阻止する為に一般人でありながらも策を練ろうとするとは・・・。

お気に入りのキャラであるハイアも再登場だし、カリアンの頭脳と合わせて存在感を見せつけてほしい。
鋼殻のレギオス15 ネクスト・ブルーム
rating