終わりのクロニクル4下 感想ネタバレ

戦闘力が加速度的に上昇しててドラゴンボール状態なのは気のせいなのかな。

武神で大型戦力は極まったかと思ったらそれを大きく上回る機竜が最大戦力になってしまった。こうなるとチマチマと人間が戦うのが何か馬鹿らしくなるなぁ。

“軍”の機竜アレックスも進化を繰り返したサンダーフェロウには勝てるはずもないし、実はアレックスすごく強いな展開も嫌だ。

“軍”の正当性が少し話されていたが小出し過ぎてまだ何とも言えんね。UCAT空白期に何かUCAT側に都合の悪いことが起こってそれを隠すUCATが悪っと現時点はこんなところか。

しかし自らを正義というなら正義を押しつけずにまず話し合いで主張しろと。

世界の終わりに突然正義!正義!正義!と鉄拳制裁して表舞台に登場するのは正義の味方のすることじゃないだろ。

4th-Gのムキチが挨拶してそれに新庄が反応できなかった時のムキチのリアクションが可愛かった。「もういちど いきます」

このムキチのノリがのり移ったようなIAIの自動販売機には笑わせてもらった。お金入れたら「もう かえさない」ってw ガスプとかの武器のようなお茶目なことを言ってくれる。

待ってましたの米国UCATとの交渉は些細な言葉の取り方の違いで佐山が突破口を切り開いたのは流石。

原川とヒオの所属問題も原川が日本側だからヒオも自動的に日本側になるとする論に、米国ロジャーが慌てて異議を唱えたのは単調な戦闘の中で一息つける場面だった。

原川とヒオが本当に恋人関係になるとはちょっと驚き。ヒオってすごく幼く見えるんだけど何歳だろ。体系的に中学生あたりか。

それでいて天然のエッチな発言があって面白いキャラではある。そういや5th-Gの全権をヒオが持ったけど全竜交渉はするのかな。
終わりのクロニクル4下