まぶらほ じょなんの巻・さん 感想ネタバレ

帯で「わたしたちセレブになります!」と煽っててこのフレーズだけで超期待してしまったが内容はセレブとはかけ離れてて落胆を隠せない。

この巻は全編にわたってB組が関係してくるという今までにない濃さで笑えるには笑えたんだがクドイね。もうお腹いっぱい。

しかし和樹だけはいつもと違ってB組の暴走の被害を最小限にするために奔走してたのが意外だった。ちょっとキャラ変わったなぁ。

仲丸が和美以外の女からも想われていたのは一体何の冗談なのか。あんな奴がモテるだなんて心の底から納得いかない。

どうせなら和美と付き合ってそれをB組には極秘にしてバレないかハラハラして楽しみたいな。

生物部の合宿プランをB組が作成した件は世界を股に掛ける壮大なものだったし、実行に移せば中東辺りでB組は死滅していたかもしれない。

日本のためにもそうならなかったのは残念だった。まぁ本気出したB組が世界にどれだけ通用するのかは見てみたい気もする。

百億ドルほど稼いで何かの連鎖的ミスでそれが吹き飛んでチャンチャンとか。
まぶらほ じょなんの巻・さん