レギオス顕現 レジェンド・オブ・レギオスIII 感想ネタバレ

一ヶ月もかけてダラ読みしてしまったが結構面白かった。やはり鋼殻のレギオスを読むならこのレジェンドも読んでおいた方がよいね。

何百億人もいた人類がイグナシスによる亜空間の消去により死滅してしまったというのは規模がでかすぎてリアクションに困る。

鋼殻本編でもイグナシス派は元気にしているわけだが、実験と称して人類を滅亡させる奴なのに狼面衆はなぜ付き従うんだろうか。

仮にイグナシスが完全復活したとして、また人類滅亡をしてみようと思うかな。二番煎じだしやらないような気がするけど。

人類を守る為にイグナシスの束縛から逃れたハルペーはかっこよい。しかし鋼殻本編では人類を守らずに謎の楽園で過ごしているというのはどういうことかね。

僕の知ってるハルペーたんなら人類の為に暴走ナノマシンを駆逐しようとするはずなのだが。

ディックは情報を小出しにし過ぎたね。何もしなかったアインが全部悪いみたいになったがそれはあんまりだw 未来人なら少しは役に立てよと。

あのニルフィリアがツンデレラになったのには驚いた。実は兄のこと好きだったんだね。憂いやつめ。

んで新世界で生き残ったようだがどちらの勢力に加勢するのかな。やっぱ反イグナシスなんだろうか。

苦手意識持ってるし本人とは戦えないだろうけど末端の構成員くらいは闇で殺しておいて欲しいな。

セラが箱船のような存在だったことにも驚き。アインの眼やオーロラ粒子といい、SF設定がうまい具合に生きているね。僕には難解すぎてわからんけど。

そういや最後の亜空間にはオーロラ粒子が無いとか言ってたのに人類が増えてきた頃には外気がオーロラ粒子で満ちていたというのはどうゆうこと。

まぁ何にせよあまりめでたしって感じじゃないなぁw セラが独りぼっちで残されたのも可哀想だしアイレインはもう復帰は無理そうだし。

しかしそこでフォンフォンの嫁ことリーリンの眼の出番なのですかな。つまりアイレインが女の子の中に顕現したと。リーリンは強化兵じゃないしどうなるか心配だ。
レギオス顕現 レジェンド・オブ・レギオスIII