黄昏色の詠使い5 全ての歌を夢見る子供たち 感想ネタバレ

思っていた以上につまらなくて読むのが辛い。あと5巻もあるがなんとかしてくれ。

まぁそれはともかく、敵があまり敵っぽくないね。

敗者のミシュダルは愛している人に先立たれて世界に絶望したわけだが、自らの暴走を誰かに止めて欲しかったから暴れていたようなもの。敵というよりも困ったちゃんだ。

事情を知っている人がいたなら、亡き意志を継いでパン屋でも開いたらと助言していればミシュダルはきっと救われていただろうに。

今後は名詠とは何かってことを探していく展開になるのかな。はっきり言ってその方向性に興味がないんだよね。ミシュダルの件で第一部完らしいしここで打ち切ってたほうがよかったよ。

クルーエルは触媒にほぼ依存しないで名詠が出来るようだが、今回のネイトの触媒は膨大な物だったな。

追い詰められて覚醒して触媒無しで名詠という熱い展開を期待していただけに、その落差たるや。
黄昏色の詠使い5 全ての歌を夢見る子供たち
rating