狼と香辛料II 感想ネタバレ

ラトペアロン商会の天秤詐欺で巻き上げた見返りを全部ロレンスが得たのは納得できないなぁ。

その利益でホロの借金は帳消しの数倍くらいでしょ?むしろホロがロレンスにお金を貸しているような状況だ。当初言ってた「助言で得た利益」ってのはどうなってんだコラ。

ノーラの登場で今度はホロが焼き餅を焼く番きたーw まぁ賢狼ですから全てを見透かしての焼いた振りなのが玉に瑕。

自分の可愛さをしっかりと自覚しているところがまた可愛い。しかし胸がもうちょい大きかったらいいのにと、そこだけが悔やまれる。

その後の展開は・・・、もう目を覆いたくなるような転落真っ逆さまで読むのが辛い。詐欺って怖すぎ。もう誰も信用できん((((;゚Д゚)))ガクガク

金の密輸云々は、結果論で言えば資金はレメリオ商会持ち、実行はホロに任せたほうが安心確実だったろうなぁ。

ホロの正体バラシて手堅さをプレゼンし、100リュミオーネじゃなくマジ全資金投入してたらあんな裏切りはしてこなかっただろうに。
ってかぶっちゃけ密輸は結構簡単なんじゃ?人が飲み込めば便にでるんじゃないかな。胃液でどうなるか・・・。

密輸はてっきり少数精鋭で、この情報を知っているのはそいつらだけになると思ってました。だのにレメリオ商会の全員がこの件に関わるとかありえんよ。

これから数十年間極秘にしとかなければならないってのに何考えてるんだろう。ハッ、もしや成功の暁に葡萄酒で乾杯、しかし毒入りでしたで口止めか!

ホロとロレンスの関係は、ホロが可愛らしい誘惑をロレンスに送り、ロレンスは結構素直な反応でホロLoveなのが心地いいね。いつキスにいたるのか楽しみじゃ。
狼と香辛料II