空ノ鐘の響く惑星で 外伝 tea party’s story 感想ネタバレ

リセリナとウルクの子供であるアスティナとリグルスが話の中心になるのかと思いきや、かつて苦難を共にした仲間達のサブストーリーがメインでしたね。

それでいてこの子達も話の繋ぎで登場してきて場を和ましてくれた。どちらの子もビジターの血を受け継いでるし剣や格闘の修行でも見せてほしかったなぁ。

ムスカ教授がクゥナを射止めたとは衝撃的な事実だったw マッチョも隅に置けないなー。

教授は立場が司祭になったようだけど特にすることってあるんかな?歴史を紐解くにしても全てを知っているシャジールの民の側で今更に研究ってのもなぁ。

あー医療方面ならこの世界では最先端として活躍できるかもしれん。

ライナスティとディアメルが結ばれて子供が生まれたのはいいにしても籍を入れてないとはけしからんね。

ディアメルは結婚するのが恥ずかしいとか?子供まで作っといてそれはないか。でも合点のいく理由が思いつかないなぁ。

ライナスティの剣術の秘密が明かされたね。防御を極めれば死ぬことはないという師の教えがライナスティの強さだったのか。

格上に見えたパンプキンと引き分けたのもこういう背景があったからなんね。

ゆくゆくは騎士団長になるかなとも思ってたけど、絵の方も頑張ってるようだし二足のわらじで団長にまで上り詰めるのはちょっと無理かな?

シルヴァーナが敵に捕まったかと騒がれてもそんなことありえないと思ってしまった。あの動乱の時ですら一度も敵に捕縛されたことなかったからねぇ。

それがまぁ・・・、エアル邸で気が緩んだとか十分にありえるシチュエーションだったのでこれには納得。

あのスペシャリストな暗殺者達が今回は登場してこなくてホントよかったね。あんなのが来た日にゃ皆殺しにされてるし。

ハーミットのプロポーズはライブラスがいなかったら失敗してたかもしれんなw まぁ強引にでも成立してよかったよかった。

後に子供ができてもなお移動しながらの生活とは結構大変そうだった。玄鳥に乗って移動してるんかな。

パンプキンのあの堂々とした口調がいいよね。誰に対しても一段上から物を言うのがw

ベルナルフォンの悲劇には同情するが、あまりベルには思い入れもないし特に書くことも無いなぁ。

煮え切らないソフィアの背中を押しまくる外野が笑えるw

まずは一緒に話をするステップを踏んで・・・っと思いきや、一気に夜伽くらい出来なくてどうするみたいな展開に。けしかけすぎだってw

まぁそうは言いつつもソフィアはしっかりとブラドーを愛する気持ちを整理してたし夜這いをする正当な理由はあったね。

夜這いはいいにしても、黒装束でベッドに近づきそれに気づいたブラドーを拘束するとかちょっともちつけw

夜伽の仕方までは知らなかったようだけどそういうことは先輩のニナに聞いておかないと!めくるめくクラウス直伝の秘技が体得できただろうに。

とまぁこんな夜這いだったけど、ブラドーは迫るソフィアにこれ以上恥をかかせずにしっかりと手を出したのは少し意外だった。キスくらいでお茶を濁すかと思った。

そういや子供の人数がちょっと気になった。ソフィアは3人、リセリナは1人、ウルクも1人。

ソフィアはいいとして、リセリナ・ウルクはもう1人ずつ子供を産んでもいいと思うんだがなぁ。姫君達の子供をもっと見てみたいよ。

まー、なんにしても彼等が夫婦になり親になりと成長していっているのは微笑ましいね。

これからの世代にもいつか苦難の時が訪れるだろうけど、かつての親のように乗り越えていってもらいたい。
空ノ鐘の響く惑星で 外伝 tea party's story