まぶらほ ふっかつの巻・とうなん 感想ネタバレ

今回はスキンシップが結構いい感じだった。寸止めばかりだけど言葉だけじゃなく行動で迫るのがよいね。

キスくらいならしちゃってもいいような気もするけどそうなるとキスという既成事実を盾に軍事的緊張が一気にリミットブレイクするだろうし、なかなか一線を越えられないねぇ。

和樹への友情を売り買いするという意味不明なことが行われていたが本当にわけがわからん。

そもそもB組に友情なんてもの存在しないだろw 松田はこの株を買いまくったようだけど値上がりなんてするわけないじゃん。

和樹の周囲には地雷ばっかりあるんだし値下がりこそすれその逆はないだろ。

身代金の要求に10兆円とかすげーよw ここから値切って妥協点を見いだすにしても仲丸達はどこらへんに落としどころを想定してたんだろう。

1時間毎に1人殺すぞと言っても政府がYESというわけないよなぁ。大規模な突入を早めるだけになりそうだ。

こういう密室での立てこもり用に睡眠系のガスの研究はしてもらいたいね。ロシアの時のような死人がいっぱいでないように頑張れ。

玖里子が後妻の子だったとは。でもまぁ・・・あまり問題ではないような?血の繋がらない上の姉達との折り合いがどうなるかという不安が気にかかるか。

子供の頃は大変だっただろうけどもう高校生も卒業って歳だし今はそんなに気にしすぎても仕方ないな。

玖里子の不断の努力でいい大人になったんだし和樹なんてほっといてこれからもいろいろ頑張ってくれ。

夕菜の浮気に和樹が激怒したのはどう考えても筋が通らないだろw 和樹には夕菜・凜・玖里子・舞穂・千早と現時点で5人も女がいるというのになぁ。

夕菜を追う和樹が舞穂に捕まって、仲丸の入れ知恵で舞穂が和樹の邪魔をする展開はめちゃ面白かったw

あまりの妨害に和樹が「あいつ殺してやる!」と仲丸にブチ切れるとかw 温厚な和樹を怒らせる方法ってやつですかw

カラーイラストにあった夕菜と和樹のベッドシーンは今か今かと待ち遠しかったがついにその時が来たw

ピンクの寝間着をすぐ脱げる状態にして迫る夕菜可愛いすぎ。こんな至宝の据え膳を前にしてガクブルと震えている和樹は・・・やっぱり不能なんだろうね。

仲丸が彼女をゲットして幸せを掴んだことが和樹の逆鱗に触れたのはわらた。クラス中を巻き込んで協定違反により吊し上げようと和樹を先頭に一致団結とかw

和樹にもB組としての才能があるのかもしれんね。松田はもう足を洗って恋する乙女路線でもすればよいのにね。

この本は文字数が少ないのか予想以上に早く読めてしまう。これ読んじゃうともう読む物無くなるしゆっくりいきたかったが・・・。
まぶらほ ふっかつの巻・とうなん