“文学少女”と飢え渇く幽霊 感想ネタバレ

やっぱミステリーは僕には向いてないわ。誰かを憎んだり呪ったり殺したりな話は読んでいて苦痛以外の何ものでもない。

話の前半は和やかに進むしどうせ読むならそこだけ読んで気楽にいきたいよ。残り4冊買ってあるがキツイなぁ。キノも挫折気味だしその2冊も合わせれば不良在庫が6冊も・・・。

心のオアシス琴吹ななせの出番をもっと増やして欲しい。100倍ほど。ツンツン娘は人類の宝だね。心葉に近づく女には全部チェックを入れているのが可愛らしかった。

琴吹ななせが遠子に近づいたのは尊敬しているからってよりも一番心葉に近くて警戒に値し、さらに心葉の情報を引き出す狙いがあるんじゃないかな。

琴吹ななせが入院してるときに心葉が来てドキドキってのがいいねぇw どうせなら体をタオルで拭いているときに出くわすとか体当たりのハプニングがあったらなぁ。

ところで心葉が小説家だったという話は遠子にも琴吹ななせにもバレてるようだね。琴吹ななせは美羽繋がりかな。まぁ暗くなるんだろうけどそこは琴吹ななせの愛で明るくお願いします。

数字の暗号は平仮名の順番だと予想できたけどまさか「か」行から数えだすとは気づかなかった。
"文学少女"と飢え渇く幽霊