アクセル・ワールド2 紅の暴風姫 感想ネタバレ

殺し殺されの戦闘がオンラインゲーム上での出来事なんだと頭から離れなくて始終緊張感が無いままで読み終えた。

しかし唯一の光明があるとするなら「卑屈で弱気で鈍重」な自分をゲームを通して変えたいという強い意思があること。

果たしてゲームを攻略する過程で性格が矯正されるなんてことが起こりえるのかは知らないが、ゲーム繋がりでリアルの付き合いも広がっていることだしあながち不可能でもないのかもしれない。

千百合がハルユキを狙うことはなさそうだね。もう残念なんてもんじゃないよ。この本読む価値あるのかってレベルだ。

無制限中立フィールドは時間制限が無いってことで、一日中ログインし続けることが出来るってのがブレイン・バーストの真骨頂だね。

リアルの1日が仮想世界で3年に値するってのは凄いことだ。受験生超歓喜w 他にも企業からしてみても神技術だろう。問題は脳への負荷が安全なのかどうか。

1巻目でツッコミ忘れていたのをちょいと書くと、

現実世界じゃ、オレは何一つお前に勝てない。でも、この世界ならお前はオレに勝てない。オレたちは対等の存在だ。

オンラインゲームでは俺様最強!現実世界ではタクムの方が充実してるっつーか努力に努力を重ねて自らを磨いていると言えないこともないのかもしれない。

ならば俺たちは対等だ!(ハハハ、ワロス)
アクセル・ワールド02 紅の暴風姫