灼眼のシャナS 感想ネタバレ

マジョリ対シュドナイ。強い敵なら袋叩きにすればいい。「今回は」援軍を呼べる状況ではなかったけれど、明らかに危険なシュドナイを発見したのなら、複数人で倒しにかかるべき。

群れるのを好まないとか言ってる場合じゃないし。アウトローが音頭取って特別対応班を作るべき。

ユーリイの自爆にはホント共感できなくて最悪だったw なんだっけ、世界のバランスを守るのが目的ではなく、人間を守ることを目的とするってかんじだっけ?

別にそれはそれでかまわんのだけど、わざわざ死にに行って、しかも有利な状況はもう無くなったのに突撃するなんて馬鹿じゃないの?

ユーリイが生き続けていれば助けられた人間もいただろうに、その可能性を無駄に捨てた愚かな行為だった。

かつてカール・ベルワルドというフレイムヘイズきっての大馬鹿者がいたけど、それに並ぶ強者としてユーリイの名前が刻まれたね。世界2大馬鹿。

吉田一美の弟の健の件。悠二の「2人から愛されて」という状況をさっぱり理解できていなくて腹立たしいガキだった。

これが愛なのかどうかわからないという感覚をまだ知らないんだね、中学生。

ウェディングドレスと等価交換で悠二に嫌がらせしたのは、どう見ても許されるものではなかった。あんな言い訳で丸く収まるわけないじゃん。あほんだらげ!

とむらいの鐘唯一無二のツンデレであるチェルノブイリ原発が可愛かったw あ、チェルノボーグか。

見かけ最悪のモレクに恋しちゃってるなんて、人の内面こそを見てくれているチェルノの好感度あがりまくりんぐw

ラストはモレクの横で「好きなのだ」という別の意味も含ませたかのようなチェルノの言葉に、不幸な結末が訪れると知っている身としましては、少し寂しいものがありました。
灼眼のシャナS