まぶらほ じょなんの巻・いち 感想ネタバレ

山瀬千早がいっぱい出ててとてもよかった。記憶が消えたけど何かのきっかけで思い出さないかと期待しまくりでした。

でも立て続けの記憶の話はちょっと急ぎすぎた感がする。3番目の紅尉が介入する話は次巻あたりに飛ばしてもよかった。

玖里子の携帯に残っていた千早の写真が出たときはキターと思ったw これはもう話すしかないって展開だったのに今はまだ言えないとか・・・。

でも記憶が消えていると玖里子が自分で自覚したのは結構凄いと思う。冷静だな。ところで記憶が消える話は涼宮ハルヒの時の世界改編を思い出した。

昔の紅尉は嫌なヤツっぽかったけど今は全然そんな毒が無い。特に千早の過ちを優しく受け止めてさらに救いの手を差し伸べてくれたのには好感を抱いた。

締めでの千早の未来志向からして、今後は記憶が戻るという話はもうないかもしれんねぇ。

凜の料理が未だに進歩してないのは酷すぎw もうそろそろ勘弁してあげて欲しい。皆が凜を厳重監視しながら料理してたときぐらいは成功して欲しかった。

千早を批判するのは心苦しいが、凜の作った弁当をすり替えたのは感心しないなぁ。

舞穂のエッチなお勉強は意外にもあまり面白くなかった。これは伏せ字が多いせいかな?w まぁこんな下ネタよりも話がかみ合わないギャグの方が笑いが取れると思う。

待ってましたの舞穂大人バージョンは大変素晴らしい!そして身体がエロい!ほんとにけしからんね!

しかし毎度毎度のデート妨害はなんとかしてほしい。妨害よりも舞穂の可愛らしさをもっと見たかったよ。

深居貴巳と玖里子の政権争いはどうでもいいような話だった。

玖里子が負けるのはちょっと残念だったけど神代の彼氏に恥じかかせるのもねぇ。一応貴巳は天才ってことだし言動から天才ぶりを見せて欲しいな。
まぶらほ じょなんの巻・いち