“文学少女”と神に臨む作家 上 感想ネタバレ

流人がうざい。心葉には遠子の方がお似合いだとか一瞬頷いてしまいそうなところだが、琴吹ななせの愛情だって・・・風前の灯火。いやいやいや、ななせは可愛いよななせ。

あれだ、流人はラストスパートをかけるタイミングを誤った気がする。

心葉とななせが付き合ったりする前に遠子を心葉の嫁にしておけば事態はもう少し好転してたかもしれないのにね。前世の経験は伊達だったのか。

遠子のシュークリームの話はとてもよかった。心葉のマズい三題噺をいつも全部食べてくれたから自分もシュークリームを残さず食べると決めた心葉は男前だった。

まぁこの思いやりを琴吹ななせにも向けてほしいなと思わなくもないが。
"文学少女"と神に臨む作家 上