境界線上のホライゾンI上 感想ネタバレ

またアレを集めて終末を乗り越えようって話なのか。それって終わりのクロニクルと同じ流れじゃん。

序盤の設定の嵐には閉口せざるを得ないが、別に今すぐ理解しなくてもいいんだよねきっと。

八大竜王とか懐かしいキーワードも出てたけど時系列的にはクロニクルの未来かな?都市シリーズは読んでいないし位置づけが分からないが。

今のところ魅力的なキャラは御座る口調の点蔵くらいかな。ボケ担当弄られキャラでしかも強そう。

でもオリオトライに束でかかっても通用しなかったしまだまだこれからの成長が待たれるね。

今作もというべきか武器の破壊力が尋常じゃない。大罪武装は環境に配慮した核みたいなもんだし、神格武装のほうは異次元特殊能力備えてるしで危なくて仕方がない。

しかしどうせ武器の強弱では勝敗は決まらないだろうなと。

宗茂は正々堂々と忠勝と対峙したけど、大局を見るなら忠勝は放置すべきだったんじゃないかね。

途中からでも交戦止めて超神速で一気に離脱して必殺技ぶっ放して任務完了でしょ。ホント若いなぁ。

松平元信の自爆は何か観測データでも取らせて参考にしろという意味でもあるのかと思ってたらどうやら違うね。

ただ世界に向けて足掻き続けろと言ったに過ぎないか。自爆に付き合って多くの者が死んだし、これが最善の一手だったのか腑に落ちない。
境界線上のホライゾンI上