甘城ブリリアントパーク5 感想ネタバレ

安達映子とマカロンの騒動は綺麗にまとまってそれはそれで面白かったんだけど、そもそもを言ってしまえば今回は可児江西也が下手な交渉をしたから安達パパにマカロンを認めてもらうという難易度の高いクエストが発生したわけだ。

魔法を使って安達パパの本音として婚約者に非があるかもと分かった時点で、マカロンのヨイショ作戦ではなく、事件の事情説明と映子の謝罪があれば解決していたに違いない。

それはともかく、マカロンの愛娘ララパーは人型だったね。となるとモッフルの姉もやはり人型なんだろう。それなのに自分が人型になるのは違和感があるらしいが、その感覚がよくわからない。

まぁ、マカロンの愛情がララパーに届いてよかったね。てっきり父親のことに全く興味のない娘さんなのかと思ったからそうじゃなくて本当によかった。

中学生の瀬野浩二の話はまさかこれで終わりじゃないよね。昔からのモッフルファンが今はハイスコアラーのゲーマーになってしまっていることに違和感がある。

少し昔はヌルいゲームで満足してたんだろうになぁ。それに不登校の件もあるしモッフルにはまだ諦めてほしくない。ここは大人として介入していってほしい。

ラティファの要望とは少し違った趣のある軍事パレードには笑った。装甲車の窓から手を振っても見えないから。今度からは普通の車に乗ってもらって直接の護衛はモッフル将軍だけでいいんじゃないかな。あるいは3バカトリオで。
甘城ブリリアントパーク5
rating