鋼殻のレギオスIV コンフィデンシャル・コール 感想ネタバレ

ダルシェナのドリル髪型には全日本が爆笑。どこの宝塚だよ。

っにしても第十小隊の犯罪や葛藤とかめんどくさいな。もうレイフォン最強なんだし今更どこぞの小隊といざこざとか面倒なだけだ。そんなことよりラブコメしようぜラブコメ!

今回は女性陣の方にほぼ動きが無かったのが残念。フェリもっとアタックしないと!

祝勝会のバーに行かないのは問題外だったが、そこでお酒飲んじゃってあら私酔っちゃったみたいフォンフォン部屋まで連れてってだろ!もう何やってんの!

ナルキが小隊を選ばず警察だけを選択したのはちょっと意外。強くなるのは望むところだと思ってたんだが・・・。

でも小隊の基礎練習をしてるところとかは楽しそうだったし今後どうなるかな。

これに触れないと嘘だしちょい書くと、薬物を使ってでも都市の為に勝とうとしたり、孤児を飢えさせない為に違法な賭け試合をしてしまったりと、一言に善悪と一刀両断できないラインを描くのが作者は上手いな。

でもこのどうにも不安定な善と悪のせいで爽快感を感じられなくなってる気がするのでそこが惜しい。

傭兵団団長ハイアはちょっと無法者っぽくてムカツク奴だったけど、武芸者なんだし三代目なんだしもっとまともなキャラにして欲しかった。

いかにも敵になりますよみたいなのは嫌だなぁ。

牡山羊の話はまだ終わっていなかったのか。ハイアは牡山羊を捕まえたいようだがそれは陛下の為なのか?

グレンダンに持ち帰るとか行ってた気がするが、それが本当なら生徒一人くらいの犠牲なんてどうでもいいよな。レイフォン邪魔するなよ。空気嫁。

しかしまさかとは思うが私利私欲で牡山羊を捕まえようとしてるんなら渡せん。

グレンダンが危険地帯にずっといる理由という謎が面白そう。あの場所に何があるのか全然予想できないがレイフォンが故郷に帰る日はそう遠くなさそうだな。
鋼殻のレギオスIV コンフィデンシャル・コール