輪環の魔導師10 輪る神々の物語

意外にも敵も味方も大団円だった。この世界に固執するウィスカにはフィノに説教をお願いしたかったな。愛しているなら追いかけて絶対離すなとか、フィノにしか出来ない説教でウィスカを異界に旅立たせるという展開もありだなと思った。それでこそラスボスに相応しい活躍だ。

セロは本当にフィノを愛しているのか、あまりそんな感じは受けなかったわけだけど、フィノがセロに依存するからまぁしょうがないかって感じだよね。愛ではなく、グループの雰囲気をイイままにするためにフィノの執着を受け入れたようだ。

ルーファスパパは最後までイケメンだったな。主の願いより息子の願いを最優先するとはね。ナイス親馬鹿。セロは未だにパパのことを知らされていないようだけど、今度祖父に会いに行く時にちゃんと伝えて欲しい。セロならきっと真実を受け止められるだろう。

アルカイン共々、みんなお疲れさん。
輪環の魔導師10 輪る神々の物語
rating

輪環の魔導師9 神界の門

魔人ファンダールはきっと神界で修行しててアルカインたちの危機には颯爽と駆けつけてくれる、そう思っていた時期がありました。それがまさか神界に飛ばされて石化されていたとは、情けなくてしょうがない。魔人が戻ってくればどうにかなるとは一体なんだったのか。

大罪戦争当時の魔道具の技術レベルはチート級だな。突然チート武器が手に入ったところはふしぎの海のナディアで新ノーチラス号が登場した時を彷彿とさせる全能感だった。でもまぁ、やはり道具の優劣で勝敗が決る部分がゲーム的でつまらない要素だと思うわ。

神と戦うなら数年間ぶっ続けでやれる持久力が必要とかパネェ。それが無理なら神を圧倒する火力が必要なのだろうね。今回のようなチート武器があっても身体は所詮人間だから脆いしやはり勝負にはならないか。

ウィスカって大罪戦争の時に居たっぽいけど、名前は語り継がれてないのかな?みんな確信に迫る事実はいっつも記憶喪失で何だかなぁ。
輪環の魔導師9 神界の門
rating

輪環の魔導師8 永き神々の不在

突然もう佳境に入った感じがする。不人気かどうかは知らないけど唐突に展開が早まった印象は拭えない。セロとフィノがドタバタのミスで神界への扉を開いてしまったシーンは失笑ものだった。それを阻止するのがアルカインたちの目的ではなかったのか。こんなテヘペロなことで扉が開いてもよいのか。誠に遺憾に思う。

サイエントロフの革命は失敗に終わるかな?魔族側に作戦を継続する余裕が無くなるのではと危惧するが。しかしここで手を引くと虐殺が起こるからやり遂げてもらわないとね。
輪環の魔導師8 永き神々の不在
rating

輪環の魔導師7 疾風の革命

混沌のサイエントロフを実力を持って正常化させようとするルーファスたち魔族は完全に正義だね。屑しかいない賢人やアルカインには決してなし得ない偉業を、それを成しうる力があるからこそ犠牲を恐れずに断固として遂行している。善人ぶっているやつらには犠牲がつきものの革命は不可能だろう?それがアルカインたちの限界だ。これからの世界秩序は魔族が、いや神にふさわしいルーファスとデルフィエこそが主導するべきだ。

シズクがフィノに感化されて愛を熟成させていっているのが微笑ましい。猫をお風呂に連れ込もうとかしてるんだね。がんばって!
輪環の魔導師7 疾風の革命
rating

輪環の魔導師6 賢人達の見る夢

完結した作品を読もう第4弾。この作品の前巻を7年前に読んだのか。いかに興味がないかが如実に現れているが、空鐘の作者の作品なんだし読むしかない。ちなみに全10巻になる。

前巻を縦読みしないと状況がさっぱりだったけど、魔族の狙いは神界への進出ということか。そしてその野望は第一回大罪戦争で失敗しているのね。そもそもなぜ大罪とされるのかは疑問だけど、ありがちな理由を想像するなら神界への扉を開けると災いが降ってくるとかかな。よくあるね。

まぁ別に神界へ行ってもいいんじゃないの。聖人もそのつもりのようだし、きっと神界への旅立ちは人類を新たなステージへ引き上げてくれる良い切っ掛けになるよ。アルカインたちは保守派過ぎて人類は衰退しましたを地で行っているのに気づいていないかもしれない。これからの世はルーファスのような革命家が人類史を築き上げてくれるのだろう。

セロにはバーサクエンドを使いこなしてロンドロンド騎士団を殲滅してほしかったなぁ。その力の一端でも示してくれたら今後が盛り上がりそうなのにな。傷ついたときの防衛装置というだけじゃもう使い所がないから、ここはやはり意識して使うくらいになってもらわないとね。
輪環の魔導師6 賢人達の見る夢
rating

君の名は。Another Side Earthbound

結構どうでもいい話ばかりだった。おっぱいは好きだけども内容の薄いおっぱいの話が乱発されてなんだかなぁ。唯一ニヤリと出来るところといえば、瀧が三葉の体に入ってやらかした時に三葉からの伝言メッセージが面白いね。この二人のやり取りはとても少ないから1つひとつが貴重で新鮮だ。

勅使河原は意外にも将来のことを考えてるね。腐敗と現実との折り合いに悩んでいるようだ。ど田舎の土建屋家業が政治と癒着するのは仕方がないことかもね。

三葉パパが町長になったことが必然だったというシーンのためにこのアナザーは存在していたんだな。まだるっこしい展開だけど非常に綺麗に収まった。宮水の血族がどれほど神がかっているのか、パパもようやく確信に至ったことだろう。あとは三葉が都会に行かないように糸守を発展させて跡継ぎに仕立て上げる大仕事が残っているね。がんばって。
君の名は。
rating

君の名は。

今をときめく超ビッグタイトルの小説版。体が入れ替わるというのは自分の性癖的にどストライクだったけど、そこは健全な一般小説だからまぁしょうがないね。核心の時間遡行ややり直しは超人気要素だからそりゃ受けが良いだろう。

突然体が入れ替わって興奮、いや戸惑うだろうけどすぐにお互いにルールを設定したのはなるほどと思った。日記をつけて意思疎通するあたりも極めて冷静な二人だった。

隕石が3年前の確定事項と知ったときはもうどうしようもないと思ったけど、ここからが見せ場なんだね。瀧が三葉に入れ替わって過去を改変するという熱い展開はとてもよかった。失敗が許されないわタイムリミットが既に厳しいとか追い込み加減が半端ない。

もっと時間に猶予があれば入れ替わった事実を他人に気づいてもらうイベントが発生して楽しそうなのにそれが出来なかったのは残念だ。特に町長にはこれから起こることを完全に信じるイベントがあったらなと。次巻のアナザーで何か補足があるかもしれないが、今回はほとんどスルーだったのが物足りない。

忘れるという要素はもどかしかったから別になくてもよかったんじゃないかなと思う。瀧が14歳の中学生のときに時空改変して三葉は17歳のままだからショタ的に今盛り上がるのはよくないということかね。

テッシーはきっと三葉のことが好きだったんじゃないかと思うがどうだろう。三葉にはサヤとテッシーを引っ付ける思惑があったからままならない。瀧にもテッシーとの距離感を言い含めていたところは微笑ましかったな。
君の名は。
rating

魔法科高校の劣等生20 南海騒擾編

内容が無いよーな番外編のようだ。お兄様が尽く敵の先を行っててまさに無双で爽快感はある。しかし冒頭で十三使徒が出てきてお兄様と激突すると期待していたからそうならなくてガッカリだ。

大亜連合との合同作戦ということだが、本当に敵の協力は必要だったのか?全てを見通す日本側が敵を泳がせまくるほどの舐めプだったから単独作戦でも十分だった気がする。それにしても日本が世界の敵扱いされないかが心配だ。大亜・USNA・豪州・英国が日本を敵視しているがこれはヤバイのではなかろうか。

ガーディアンの水波が警戒するシーンって可愛いね。いつも達也が先に警戒するけど、それに遅れて水波も警戒モードに移行して『敵はどこ?!?!?!』ってなるのが可愛い。お兄様の索敵能力は最強だからね。しょうがないよ。
魔法科高校の劣等生20 南海騒擾編
rating

とある飛空士への誓約9

最後の決戦でウラノスの航空艦隊が一隻もいなかったり駆けつけてこなかったり、首脳陣が捕縛されただけで戦争を終了してしまったりで肩透かしな感は否めないが、まぁいいかっ!

戦争が終わったら結婚しようというフラグが何度もあったのが笑った。清顕だけじゃなくバルタザールもそういう縁起を気にするのね。清顕はミオを迎えに行くから先にハッキリさせておきたかったというのは流石だった。

エピローグは12年後くらい?ミオもライナも会いに来てくれて大団円だな。セシルだけが独身だけどこれはもう妥協になるんじゃないか。王族だし独身はいかんでしょ。バルタザールは意外にも子沢山で。本人もちょっと気にしてるようだったのが可笑しかった。こうして親世代の絆が子供たちにも繋がって行くんだろうな。

ついに飛空士シリーズが終わった。全17巻にも渡って続いた諸勢力の争いが対ウラノスという御旗のもとに結集してようやく結実した。この平和を維持するためにはセシルが言っていたように国家間の友情が大切だろう。ウラノスの第二王子とセシルが手を繋いだように。
とある飛空士への誓約9
rating

とある飛空士への誓約8

秋津のクーデターは面倒くさい展開だった。対ウラノスの為に多島海は協力しないといけない中でクーデターという些事を経由しないとままならないとはな。特に滑稽だったのは直衛隊隊長の紫雪平が守るべき皇王が崩御していることを全く知らなかったこと。この一年間何を守っていたって?無能過ぎて笑える。

カグラは銃殺ということになっているけど、本当かな?そういうことにしておいて国外に逃がすべきだろう。新しい皇王は芝居も打てない無能か?

セシルの切り札ってバルタザールからの手紙だったのか。清顕たちの脱獄を依頼するときに何か切り札を匂わせていたけどこの事だったのね。バルタザールに対してセシルは連戦連勝だな。負ける気がしない。

ウラノスと同等の戦力を用意して決戦するのかと思っていたけど、どうも違うっぽいね。不意打ちの強襲をかけてクレアたちを奪還か?イスラ艦隊が囮でセントヴォルトの浮島にジェットエンジンを付けてプレアデスに強襲・・・。まぁ仮に奪還しても逃げられるわけがないから奇跡に頼ることになりそうだが。
とある飛空士への誓約8
rating