ファミ通文庫

バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣7.5 感想ネタバレ

帰国子女美波のシリアスな話は素晴らしい出来だった。 言葉が全然わからず友達もできない中で、誤解しつつも吉井だけが何度も「友達になろう」って言ってくれていたとこはアニメ第二期決定ものだ。思いもよらずに感動させられた。 クラスに馴染...
バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣7 感想ネタバレ

野球の話はつまらなかった。続刊を揃えるのか考え直すほどに読むのがダルかった。 次巻はもう持ってるけど8巻目をどうするかちょっとあらすじを読んでみたら、姫路と同棲する話になるのか・・・。これはもう暫し様子を見るかね。 数少ない面白...
バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣6.5 感想ネタバレ

木下姉弟の絡みがよいね。度重なるドドドドドには笑わせて貰った。 海水浴ではムッツリーニの鼻血がシャワーのように吹き出してるのが可笑しかった。 少し挑発的な工藤愛子だけど、結構常識人だよね。っていうか女性陣の中で一番優しいかもしれ...
バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣6 感想ネタバレ

表紙の女の子が誰なのか、読み終わってからようやくわかった。工藤愛子かぁ。ムッツリーニを結構気にかけているっぽいからもっと絡んできて欲しいね。 次のペンションにも工藤愛子は来てくれるようだし、カップル成立第一号になったらいいなぁ。 ...
文学少女シリーズ

“文学少女”と恋する挿話集1 感想ネタバレ

びみょー。読み終えるのに一週間かかるほどに続きが気にならなくて時間がかかってしまった。特に美羽・麻貴・流人は好きじゃないので読むのが辛い。 でも美羽の件で1つ、童話の後日談を創作して子供達に聞かせてあげるってのは結構よいよね。何より子...
バカとテストと召喚獣

“文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る 感想ネタバレ

ラノベのコラボアンソロジーっての初めて読んだ。2つの世界の融合はどれも自然でしかもキャラクターの個性がしっかりと引き出せていていた。 でもぼちぼち面白くはあるけど、わざわざ読むほどのものでもない。特に2作品融合でどちらも知らない場合は...
バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣5 感想ネタバレ

あまり面白くなかった。明久姉の玲がちょっと無難すぎる性格だなと。弟と結婚したいほど好きなのにアプローチは「罰としてキスしますよ」って言うだけ。 寝起きの布団を剥ぎ取るでもなし、お風呂に乱入してくるでもなし、美波や瑞希との関係を詰問する...
文学少女シリーズ

“文学少女”と神に臨む作家 下 感想ネタバレ

今まで何度裏をかかれたか分からないほど色々とミスリードさせられたが、消えてしまうのかと思っていた遠子が幸せを掴むために帰ってきてくれて本当によかった。 愛より作家への道を遠子が選んだときはもうダメだと思ったよ。 自由の象徴の為に...
文学少女シリーズ

“文学少女”と神に臨む作家 上 感想ネタバレ

流人がうざい。心葉には遠子の方がお似合いだとか一瞬頷いてしまいそうなところだが、琴吹ななせの愛情だって・・・風前の灯火。いやいやいや、ななせは可愛いよななせ。 あれだ、流人はラストスパートをかけるタイミングを誤った気がする。 心...
文学少女シリーズ

“文学少女”と月花を孕く水妖 感想ネタバレ

僅かな事柄から全く別の真実を導き出す文学少女の『想像』が今回も美しかった。 まぁ・・・、これで終わってくれれば良かったのに最後の流人と麻貴の情事は一体どういうことだ!!!キモイし汚らわしいし尻軽女だし最悪すぎ。 文学少女の余韻ブ...